2017/10/22 10:49 午後

立つ鳥後を濁さず。そりゃその方が得だからですよ。

  • 2006/09/05 11:20 午後
  • 投稿者:
数日前にも書きましたが、B2FGames設立に向けて作業する傍ら、現状の仕事の残務処理を行う日々です。
一応まだ会社員として。

現在の職は自分にとって素晴らしい仕事で、ほとんど全く不満がない。
ちょっと(かなりかな)給料が安いが、自分にはそれだけの価値がある仕事だった。
そんな理由もあり、元々の性分もありで、退職するにあたってはきっちりと終えるつもりでやっている。
辞める時に適当にうっちゃって居なくなってしまい、後の人に多大な面倒をかける人を見てきたからでもある。
まあ転職本みたいな物を読めば、大体において良き所で打っちゃって次に行けみたいな事が書いてあるので、それが定石なのだろう。おかしいのはこっちの方だという事だ。



この馬鹿どもめ!

と言ってやりたくなる。言いませんが。

曲がりなりにも自分の人生の一定期間を費やした仕事の終わりをドブに捨てて、
一緒に自分の価値を投げ捨ててやるなんて馬鹿げてないか?
それとも投げ捨ててもいいような下らない仕事しかしてないのか?
仕事を通じて関わった人達の心象を下げて、何とも思わないのか?
ちょっとの時間と体力を拾おうとして、もっと大きな損をこいてないか?

とまあ、特定の誰かに言ってるわけでもないんですが。

当然の様に、通常通りに仕事をこなしていたら、上司からお褒めの言葉が来た。
どうやら上層部もこちらの仕事にご満悦らしい。

珍しいんだろうなあ、当然の事をする人間が。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20060905232014347