お蔭様で、B2FGames Shopも晴れて正式オープンを迎える事ができました。
皆様ありがとうございます。 と書くと如何にも正式オープンしたように思われるかもしれませんが、
プレオープン時からの流れで何とな~く今日を迎えてしまいました。
一応多少のレア商品をご用意はしたものの、見知った方々に初来店の方々が集まり流れでゲーム会に。
新設されたゲーム料金募金箱には次々100円が投じられ、またミニチュアテーブルも稼動。
一時店内15人越えという予想外の事態に。さながら乗車率300%、空気がどんどん薄くなる。
その状況下でうっかりゲーム卓に付いていた店員吉田。油断しましたー。
その間にいらした方には、満足にご挨拶も出来ず申し訳ありませんでした。
スリッパ足りないどころか店先から靴があふれる。
流石に15人は対処し切れるキャパが無いわ~。

今日のボドゲ卓は吉田激押しのTaluva→遺跡探検→珍獣動物園→Elementsと推移。

Taluvaは今日は初プレイの方4人で。3人とは若干展開が違う様に見えたが、それも反って好評価。
3人の方がシビアな展開になるような印象で、4人プレイには協力関係も生まれ易い模様。
やっぱりゲーム時間が短いのと、普段ボードゲームをプレイしない方でも
割合すっと入れている辺りも良い。大好評でこちらも満足。
Taluvaは何とお二人様がご予約。入荷は少し先かもしれませんが、絶賛ご予約受付中です。

Rudiger Dornの「遺跡探検(Relikt)」は未プレイだったので参加。
形にはなっているが、思ったよりゲーム時間は長くなった。
「特に有効な手が無い事を確認する為の長考」が多少目立ったのが主原因。
手持ちのアクションカードでその都度何かが出来そうなのが良し悪しと言った所ですかね。
その点見た目程初心者向けではなく、ぱっと自分の最善手が見える慣れたゲーマー同士ならば
及第点のゲームとなりそうな気はした。
後、珍妙な得点カードは笑いを誘うものがあります。

珍獣動物園はご存知名作ハイソサエティのリメイク。
ご存知で無い方は是非貸しゲームで遊んでください。100円出す価値は保障します。

で、Taluvaで話題になっていたMerkleのデビュー作であるエレメンツを最後に。
久しぶりにやったけど、やっぱり「間違いない」。
身内的に、Merkleは評価最高位のデザイナーの一人。て、皆さんそうかも知れませんが。

しかし、ここ2日の間に自分はガッチリとボードゲームを遊んでいる(仕事中に)。
…そろそろ指輪ミニチュアのペイントにも着手したいなあ。
しかしペイントの生命線であるアンダーコートスプレー(黒)は未入荷なのでありました。
早くついてほしいなあ船便。

写真は開店に当たって見栄はって揃えたちょいレアボードゲーム。しかし今日は手付かず。
左下のNeue Spiele im Alten Romなんてシュリンクかかってますよ。

コメント (0件)