2020/07/15 05:55 午後

ミニチュアゲームをちょっと考える1

  • 2007/05/16 11:59 午後
  • 投稿者:
今月は久しぶりにロード・オブ・ザ・リングミニチュアの新製品があるので、
結構ミニチュアゲームの方に頭が行っています。まあ自分達のゲームを考えている面もあるんですけれども。

ところでタイトル。自分達で作ってみようとすると、はたと浮かぶ疑問です。
ミニチュアゲーム、改めて考えてみるとよくわからないという。
結構長く自分の仕事にしてるんですけども。

ミニチュアを使ったゲームである事は間違いないんですが、それでは例えばDays of Wonderの
Battleloreなんかどうなんだというと、あれは多分ボードゲームと認識されていると思います。
じゃあGames WorkshopのBloodBowlは?あれはミニチュアゲームということになっている。
ボードあるのに。曖昧ですねえ。

一応両者を切り分ける為の手がかりは、「ミニチュアのコレクション性」ということになりますか。
自分の認識では、「ミニチュアゲーム」と名づけられているものは
ゲームよりもミニチュアの方が上位にレイアウトされているように思います。
ミニチュアそのものに確固たる価値が認められていて、それを生かす為にルール等他の要素が存在すると。

この順番は結構大事。遊ぶ為にはミニチュアが不可欠、という事を置き忘れてしまうと、
ジャンル自体のアイデンティティが脅かされてしまいます。
しばしば「ミニチュアゲームは台座だけあれば遊べる」という事が言われたりしますが、
結局めったにやる人が居ないのも、そこら辺を感じてのことかもしれません。

さて、そう考えると「ミニチュアゲームを作る」というのはただゲームを作るのとちょっと
話が違ってきますねえ。何と言ってもミニチュア優先だ。

全く散漫なまま今日はこのへんで。「ミニチュアゲーム」というもの自体について
考察する人があまり居ないので、気が向いたらまた書き殴ることにしましょお。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20070517001824175

ミニチュアゲームをちょっと考える1 | 2 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

  • こたつ
  • 投稿者: ゲストユーザー on 2007/05/17 03:33 午後
個人的にミニチュアゲームと、ミニチュアを使ったボードゲーム
の差は 『ひとつのパッケージで完結しているか』
だと思ってますが・・・
ミニチュアでもパッケージ売りしてますけど
どちらかと言うと導入的にルールを覚えるための
  ”まさにスターター”
である場合が多いでしょうし

でもきっと単品だけで成り立たないボードゲームとかありそうだな~~
やはり、両方に精通して無いとダメだなあ~~
  • 吉田
  • 投稿者: Yoshida on 2007/05/18 12:30 午前
確かにミニチュアゲームというのは原則拡大型の設計をしてますねえ。
この点で言えばTCG等と似てますが、特にペイント有りのミニチュアゲームは色んな独自要素をはらんでるように思います。
実は結構複雑な成り立ち方をしてるんじゃないでしょうか。