2020/07/15 05:11 午後

バネストさんとの連携試運転「トップ・オア・フロップ」

  • 2007/07/06 10:12 午後
  • 投稿者:


先日名古屋のボードゲームショップ、バネストの中野さんがいらした際、「埋もれているゲーム」
に関しての話になりました。
つまり「自分は価値が有ると思うのに何故か売れないゲーム」のこと。
ゲームの評価というのは最初の評判や微妙なタイミングによって大きく左右されてしまう、
というのは中野さんも私も同じ見方で、何とかならんものかなあという気持ちを抱えているのですが、
ただ自分が扱っているゲームを自分であんまり言うのも手前味噌になりますしねえ。

そこで私一計を案じまして、「試しにバネストさんのゲームをこちらで紹介してみる」ということに。
中野さんにもご快諾いただいたので、バネストさんのゲームの中で埋もれ気味な物を1ついただき、
「面白かったら(ココ重要)」推す、という約束でこの緩やかな連携を試運転してみることにしました。
自分としては未プレイゲームを1個いただけるというだけで十分、というのが動機の半分で、
もう半分はこういう前向きなことは試してみたいなということでございます。
駄目で元々やってみようじゃありませんか。

しかし何分埋もれているゲームとのこと、実際いただいてみて駄目だったらどうしようかな、
と思っていたんですが、割合杞憂でした。トップ・オア・フロップ。

紹介記事はコチラ↓
http://ejf.cside.ne.jp/review/topoderflop.html

作者はマーティン・シュレーゲル、どこかで聞いたことあるなと思ったら「ジョン・シルバー」
の作者ですね。ジョン・シルバーは私かなり好きなゲームで、
コインを取ったりリンゴを人に取らせたりする為にぐるぐる思考しては一喜一憂する、
かなり変わったカードゲームでした。その時もこういう風変わりなデザインが好きな人なのかな~、
とぼんやり思ったものですが、今回でその気持ちは確信に変わりましたね(笑)。

モチーフとしては映画のプロデューサーとしてヒット映画に影響力を持つ…、
ということなのですが、つまり株ゲームです。手札として「影響カード」を持ち、
これを場に有る5つの映画(場)につけていく事で映画の価値を上げたり下げたりします。
また影響カードは自分の手前に公開することでその映画に対する自分の影響力となります。
映画自体を上げながら自分のパワーも上げるというのが基本。

肝はいくつかあります。まず原則として、影響カードはそのパワーの大きさを表す数値とともに
「5種中2種」の映画が描かれています。リバーシブルというわけで、
向きを変える事でいずれかの影響カードとして使用することになります。
これにより選択肢が増すと共に、「使用しなかったサイド」が表示される事で、互いの意図を
推理しあう手がかりとなります。う~ん早くも風変わりな気配。

それぞれの映画の価値がある程度定まってきたら自分の影響力をまとめていかなければならないのですが、
場に影響カードを出した場合手番終わりに山札から手札補充できるのに対し、
自分の前に影響カードを直接公開した場合手札が補充できないという点が悩ませます。
手札から直に影響力を増すより効率の良い手段として、
場に出ている影響カードより大きな数値のカードを置き換えることで場のカードを引き取り、
それを自分の影響力として前に置けるという手段があります。この場合は手札補充有り。
また置き換えによって引き取ったカードの向きを変えて他の映画の影響力とする手もあります。
あ~説明してて良くわからなくなってきた。多分読んでる方もよくわからないかと思います。

ただ言えることは、手札の向きをぐるぐる回しながらぐるぐる考えるのは中々愉快と言うこと。
そこらへんの感覚はやはりジョン・シルバーと共通する部分がありましたねえ。
ちょっと変わってますがしっかり楽しめるゲームだと思いますので、
そういうのに興味引かれる方でしたらお勧めです。作りは変わってますが遊びにくさは全く無いですしね。

ゲームストア・バネストさんで売ってます、それからB2Fでも1個だけ売ってますので、
ご興味惹かれた方はいずれかでお求めになってみてはいかがでしょうか~、
というところで続くかわからない第1回はここまで。ホント物は試しってことで一つ。

↓ゲームストア・バネスト
http://banesto.cside9.com

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20070706221249557

バネストさんとの連携試運転「トップ・オア・フロップ」 | 3 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

  • ばねすと
  • 投稿者: ゲストユーザー on 2007/07/09 07:30 午後
ということで、私よりもヒトケタもフタケタも上の紹介をありがとうございます。

このゲーム、こういう言い方はアレなんですが、魔改造をしている方がいらっしゃったりします。
わたしは、こういうショウビズのネタ好きなんですがね。

よろしくお願いいたします。
  • ばねすと
  • 投稿者: ゲストユーザー on 2007/07/09 07:32 午後
あ、魔改造とは、テーマをアニメとかにしちゃったりとかです。
  • 吉田
  • 投稿者: Yoshida on 2007/07/10 12:59 午前
中野さんのご紹介がしっかり基本を抑えてらっしゃるので、
私としてはプレイ感などの話まで出来た次第でございます。お粗末さまです。

魔改造ですかー、なるほどー(笑)。