2020/07/15 06:03 午後

問屋の扱い。

  • 2009/11/04 11:59 午後
  • 投稿者:
問屋ということでやっていると、間違いなくメリットを感じるのですが、
一方で、デメリットというわけではないですが、判断を問われることがあります。

差し当たりあるのが、取引のあるメーカーのゲームを一律に取り扱うのか、という点。
現状すべて扱っているわけではない(し現実的にもちょっと難しい)んですが、
新商品の案内とかは当然あり、その度どう取り扱うか、一つ一つ考えます。

店であれば売れるか売れないかを判断して、数を決めたり、
ことによれば頼まなかったりしてもあまり問題がありません。
でも問屋となると、実際買う方、遊ぶ方の2ステップ前なので、
自分たちの範囲でどこまで取捨選択していいのか、と考えてしまいます。
自分達はそんなに乗り気でないゲームでも、取扱店の方々には求められるかもしれないなあ、と考えたり。

まあ仕入れの予算も翻訳の人手も限られているので、いずれにせよ優先順位が付くのですが(笑)。
発注数を決めながら、で「これは今回やめとこう」とか話し合いながら、思ったことでした。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20091105012900305

問屋の扱い。 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。