2019/04/26 07:12 午前

何度でもやってくよ。やってくよ!

  • 2012/03/03 11:59 午後
  • 投稿者:




ディストピアン会、盛り上がっておりましたー!ロボや飛行船が飛び交う展開。
やっぱり風景が良いゲームは、いいっすね!

が、遊んでいるプレイヤーは完全にいつものディストピアン組の方々(笑)。
見にいらっしゃる方はいて、かなり興味深げな感触は得るものの、まだ輪が広がるには至らず。
単純に販売ということだけで言うと、見知った方々だけでも20人以上の方にお売りしてるんですがの~(笑)。

いや真面目な話、最近はこういうことは多いのです。売れ行きとしては瞬間好調でも、
ゲームに結びつく勢いというのがどーも出てきにくい。
大袈裟な話、この世界からミニチュアゲームを遊ぶチャンスとか、
パワーみたいなものが失われていっているのかなと心配になったりすることもあります。
しかし機会を作っていざ集まってみれば、やっぱり滅茶苦茶盛り上がる。根っこの所は何も変わらない。
蓋が開きにくくなってるからって開けようとするの止めたりはしませんよ!という気持ちで、
是非次回もやっていきたいと思います。気になっている方々はがんがん乗ってきていただきたい(笑)。
ディストピアン、今日改めて思いましたけど、ホントに素敵なミニチュアゲームなので。

さて次は11日ウォーマシン&ホーズ初心者会ですけども、その前に明日という日もある。
ボードゲーム大量入荷してるのでー、ボードゲーム組の方々お待ちしております!
もちろんミニチュアゲーム遊びに来てもいいですよっとー、また明日~。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20120304043406175

何度でもやってくよ。やってくよ! | 6 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

  • なるみ
  • 投稿者: ゲストユーザー on 2012/03/04 07:29 午前
俺を含めてみんな、ミニチュアゲームの刺激に慣れてしまったんじゃないでしょうか?
  • 大和田
  • 投稿者: ゲストユーザー on 2012/03/04 07:21 午後
ケイドアのハーカヴィッチとマノウォー組立中なう。
レジ近くにあった、エル・ドラド(だったでしょうか?)のミニチュアも魅力的でした。公式サイトとかあるのでしょうが、グーグルでは情報がありすぎて見つけられませんでした。
  • 金子
  • 投稿者: ゲストユーザー on 2012/03/04 10:39 午後
ミニチュアゲームプレイヤー間で既にコミニュティーが形成済みな点も影響してると思うんですよね。ミニチュア購入はB2Fでも、実プレイは仲間内のコミニュティーで十分に間に合うというケースが頻発しているのではないかと。

あとディストピアンはルールの版上げが間近というのも、いまいち実プレイに食指が動かない原因なのかも。


>大和田さん
ttp://helldorado.fr/figurines/index.php
ミニチュア写真だけならここからほぼ全て閲覧可能ですよ。



  • 吉田
  • 投稿者: Yoshida on 2012/03/05 03:25 午前
>なるみ様

確かに一面、それはあると思います。ただその「みんな」の中身が誰なのか、という問題が現れ始めているのかなと思います。

今日まで、ミニチュアゲーマー(つまりみんな)が増えてきた(あるいは入れ替わってきた)のは、やはりゲームズワークショップの働きによると思います。B2Fも勿論一定の機能は担ってきたつもりではありますが、新規開拓という意味ではサブ的な存在でしたし、それ以上にある程度以上の経験者の方々へのサポートを主軸にしてきた経緯があります。今までは半ば以上GWの新規開拓の恩恵に預かりながら、B2Fの新規顧客も、経験者の方々の未知の対戦相手も、自然と増えるものだなあと気楽でいられたと思うのです。
長期的に見れば、新規顧客も、新しい仲間も、増えていかなければミニチュアゲームは(商業としても、皆さんの楽しみとしても)成立しえない、というのは明らかです。「ここ最近色んなゲーム会に言っても全員顔見知りで、新しいプレイヤーに会わない」というお話を複数の方から聞いており、正直あせりを感じてもいます。

優れたミニチュアや壮大な風景がもたらすフィジカルな魅力は、このジャンルの一翼を担う重要な要素であるのはご存知のとおりですが、それだけで飛びつづけることはできないのがミニチュアゲームなのだと、改めて感じます。ミニチュアゲーマーと言う方々が、内向きに閉じない、排他的でない、
発展性を持ったフレッシュな集団であることを目指すこと、というのが、もう一翼です。新たにミニチュアゲームを始めるプレイヤーの期待感や熱意こそ、周囲のプレイヤーに伝播していく、全体を力づける宝だと思います。

今ここにいるみんなが求めるべきなのは、これ以上の刺激ではなくて、新たにその魅力を知って一緒に楽しんでくれる人達なのだろうと思います。その為にも、B2Fはそういう方々をお迎えする玄関口でありたいと思いますし、ミニチュアゲームという場所が、今以上に、そういう方々が訪れるような魅力的な場所になればと思います。
長くなりましたが、そんな気持ちです(笑)。
  • 吉田
  • 投稿者: Yoshida on 2012/03/05 03:30 午前
>大和田様

ハーカヴィッチいいですねえ。11日、チャンスあったら自分も対戦したいですねえ!
ヘルドラドはまだ展開がゆっくりしてるので、ちょっと良いミニチュアとか作ってみるなどいいかもしれないです。
  • 吉田
  • 投稿者: Yoshida on 2012/03/05 04:08 午前
>金子様

コミュニティがある程度固まった、というのは(なるみさんへの返信でも書いてますが)確かにそうですね。
ただご存知のとおり、この「今」は、長期的に見れば自然には続いていかないですし、各コミュニティを担っている中核の方々の負担にどう対処するのかということについて、ジャンルとして具体的な対策を講じられないのかという思いがあります。ミニチュアゲームは、B2Fにとってもそうですが、プレイヤーの方々にとっても「面倒になったんならやめればいいじゃん」と簡単に言えるようなお手軽な物には、とても思えませんので(笑)。

版上げについてもそうですね。ディストピアンはやっぱり備えている物が多いタイトルだと思うので、これを機に広げていきたいと思います。

あと大和田さんへのヘルドラド情報、ありがとーございます!
これぞベテランの鑑ってことですね(笑)!