2019/10/17 08:09 午後

ボードゲーム・カードゲーム制作「も」する新業態「タチキタプリント」。

  • 2013/10/02 11:59 午前
  • 投稿者:


http://tachikita.jimdo.com/

10月2日はB2Fゲームズの創業記念日、ということで、8年目に入ったB2Fゲームズの新業態として「タチキタプリント」開業のご報告をさせていただきます。名前の通り、(B2Fの南口側に対して)立川の北口側に事務所兼店舗をおいて、この度営業をスタートしました。責任者は弊社所属・西山となります。

タチキタはB2Fと違い、ゲーム関連「も」やる部署ということになります。以前から少しずつ予告してまいりましたが、B2Fゲームズを私吉田と共に立ち上げた創設メンバーである「制作・西山」が、この度ついにB2Fに専業化しました。西山は当初よりB2F及びニューゲームズオーダーの制作に携わってきたわけですが、私吉田が小売店舗をやっているのと同様、自分のメインフィールドを立てながらやっていこうということになり、そこで彼の前職の経験などを生かす形でこの「タチキタプリント」立ち上げに至りました。

西山と私が出会ったのは、私が23で西山が19か20位の時…だから10年以上前になります。自分がイエローサブマリンの店員としてウォーハンマーを売っていて、西山はその店のお客さんで、まだ学生でした。アナログゲームを含め、何らかの制作の仕事に就きたいという西山に対し、「だったら手掛かりとして、自分たちと一緒にボードゲーム作りをやってみないか」と私が誘って、最初に一緒に作ったのが、2005年のゲームマーケットで出した沢田作のゲーム「スクエア・オン・セール」でした。当時は今のように同人出版のインフラもノウハウも整っておらず、萬印堂さんも現在のような形で大きくボードゲーム制作業務を始められる以前の時分だったので、ホント色々と苦労しました(笑)。ただ沢田がヒポダイス・オーサーズ・コンテストの賞を獲得したことが大きく、ゲームマーケット当日に用意した4000円・99個の「スクエア・オン・セール」は、瞬く間に完売しました。…それが2006年のB2F立ち上げに繋がったわけです。

と言っても2人専業でやると言っても無理だろう、まず第一にゲーム作り一本でご飯を食べられるわけじゃない、ということで、私が店を営業する一方、西山は制作に何らか関連する職に(何度も転職しながら)従事してきました。ボードゲームの営業をしていたこともあれば大手玩具会社の子会社で企画をしていたこともあり、そして最近はいわゆる「ハンコ屋」で店長をやっていました。ハンコ屋という業態を中心に、これらの経験をコンバートしての「タチキタプリント」ということになっています。

ハンコ屋というと「自分はハンコあんまり用無いかなあ」と思うものなんですが、西山に聞くとその仕事の幅は広く、ハンコの他に名刺や封筒も作れば、ポスターもTシャツも作るし、CDのジャケットデザインなんかもやれる、という話。それはつまり「ボードゲーム・カードゲームの制作」もやれるということで。手前味噌な話になりますが、それこそB2F/NGOの制作を担ってきた10年の経験があり、繰り返してきた苦労がある分、西山は使えると思います。その我々の重要戦力である西山を、これからは皆様にもご利用頂きたいと思います(笑)。

東京も都心部であればキンコーズなどのオンデマンド印刷の店舗がありますが、立川辺りにはそういったものもあまり無いということもあり、「アナログゲーム制作を一つの売りにした便利なオンデマンド印刷屋」ということでやってまいります。一つタチキタプリント、よろしくお願い致します。




西山の話によると、秋ゲームマーケットに向けてキャンペーンもやるとのことですので、よろしければウェブサイトをご覧ください。まあ我々ニューゲームズオーダーはというと、申し込みが間に合わずに次のゲームマーケットにブースが無い形になってしまっていますが…(笑)。縁の下の力持ち的にでも皆様のお役に立てればと思っておりますので、御用やお心当たりの方は是非、タチキタプリントまでご一報くださいー。

ツイッターも「@Tachikita_print」でやってるようですので、そちらもよろしければフォローお願い致します。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20131003111411837

ボードゲーム・カードゲーム制作「も」する新業態「タチキタプリント」。 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。