2019/07/18 08:23 午後

アイム・ザ・ボス!日本語版の話、終わり。終わり。

  • 2013/12/21 11:59 午後
  • 投稿者:
さて、この年末の楽しい時期にブログを辛気臭い状態にしておくわけにも行かないんで、その後の話を書いて終わりにしましょう(笑)。夏の前には、ホントに色んなことがありましたねえ。自分自身も確認の為ブログを見返してみると、クーをリリースしていたり、スペースアラートを発送していたり、ナゲッツとティンダハンの入稿・発表をしていたり、他にも新規に入ったスタッフのこと、東京ドイツゲーム賞、リトルエッセンの計画開始、B2Fではウォーマシン百戦…、いやあ骨が折れました。

ただまあそのような目まぐるしいペースで動いていたのは、個々のことを良い形で実現していく為には、ここは立ち止まれない、と考えたからではあります。活動を落ち着けるのではなく、逆に活発化して、全体に勢いを出していく力が必要だと。「アイム・ザ・ボス!」、出すことにしてしまいましたからねえ。何としても上げていくしかないと。何としても踏ん張って、状況を好転させることこそが、「アイム・ザ・ボス!」日本語版実現の為の何よりの力になると。


方針が決まったからにはと、先方の社長に対してすぐに交渉を開始しました。このデザインでは生産に参加できないので降りさせて欲しい。それができないのなら、原稿をこちらで作らせてほしいと。何回かのやりとりがありましたが、それなら直してくれ、と向こうが言うのに時間はかかりませんでした。つい先日社内で「あの時3と言いはしたけど、本当に原稿ひっくりかえせるとは思ってなかった」とも言われたんですが、自分としては、それは十分に可能なことだと想定していました。共同生産に参加するのは自分たちだけではなく他の国のパブリッシャーもいるわけで、それらの会社からも原稿にクレームが付いている可能性は十分にあると、そう思っていたからです(その想定の真偽の程はわかりませんけれども)。

ともあれ、様々な仕事と並行して、本来行う予定の無かったアイム・ザ・ボス!の手直し作業を開始しました。入社早々この作業に従事した関は、渡されたデータの不備や欠落に悲鳴を上げながら働いていました。どうも元版のデータからしてちゃんとした形で管理されていなかったようで、向こうが完成としていたデータはつぎはぎだらけの、言わば「消去法的に」作られていたものだったようでした。仕方が無いのでこうしておこう…というような。そういうものに直面して、いっそ全面的に直したい、最初から作り直したい、という気持ちになりはしつつも、他国のパブリッシャーと締め切りの手前「手直し」に留める必要もある。曖昧な状況の中、細くて順路の無い道を通るように、作業は行われていきました。皆それぞれに他の事をやりながらだったので、もう現場は全員野球と言う感じ。今にしても、まあよく無事に終わらせたな…、と思います。

兎にも角にも入稿にこぎ着け、あとは資金。元から規模的に、生産に乗るかどうかギリギリの判断だったアイム・ザ・ボス!の資金をどう出すか、という問題は、いくつものトラブルに見舞われたニューゲームズオーダーの現状では、極めて難しいものでした。アイム・ザ・ボス!の前に、ナゲッツ、ティンダハン、バルバロッサ、なつのたからものもあり、その向こう側にある話でしたので。遥か遠くに感じましたねえ。1個1個のことを成功させた、その向こうか…と。

厳しい夏が終わって秋、10月にはエッセンにも行き、2014年以降の制作等々の話も進めていました。皮肉にも、と言うべきかはわかりませんが、こういう折には希望のある話も次々出てくるもので。2014年の進路と退路を並列で想定しながらの、難しい状況でした。続いたら来年は…、と思いながら、そもそも続けられるのか…とも思う、そんな日々。

支払の最終的な期日は、11月末ということになっていました。11月末が週末に当たるので、12月の頭まで。設定していたリトルエッセンの日程に完全にカブった形になります(笑)。全てはリトルエッセン次第という状況に雪崩れ込み。

そしてお陰様でリトルエッセンを無事終えられました。有難うございました。本当に嬉しかったです。支払が完了し、生産されたアイム・ザ・ボス!の日本語版が輸送されてきて、今日に至るというわけです。


いやー出せて良かった、めでたしめでたし…、ではありません。これからようやく始まるのです。アイム・ザ・ボス!日本語版、ようやくスタートできる所まで参りました。だからようやく商品のご紹介ができます。前置きが長すぎましたね(笑)。



http://www.newgamesorder.jp/games/imtheboss

「アイム・ザ・ボス!」日本語版、今回、希望小売価格は4500円とさせていただいております。輸入版を売っていた時は5600円だったので、お求め易くなっているかと思います。

合わせまして弊社にて発売中の「アイム・ザ・ボス!カードゲーム」を、3500円から2500円にさせていただいております。

http://www.newgamesorder.jp/a/newgamesorder.jp/www/games/imthebossthecardgame

さらに、



と言う形で、「カードゲーム」2月末の出荷分までキャンペーン価格とさせていただくことにしました。是非。是非!「アイム・ザ・ボス!」「アイム・ザ・ボス!カードゲーム」ともども、この機会に遊んでみて頂ければ幸いです。

いや~。まっっったくゲーム内容の紹介をしてませんね!敢えてもう中身紹介しないですけれども。ただ言える事は、まあ、今年の我々がこれで苦しんだというのは、似合いだということでしょうかね。何たって原題"Kohle, Kies und Knete"って、つまり「ゼニ・ゼニ・ゼニ!」ですから…。

これが売れなきゃ未来がねえのよ!みんなー面白いゲームなんで買って下さーい(笑)!

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20131224102529617

アイム・ザ・ボス!日本語版の話、終わり。終わり。 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。