2020/11/30 11:37 午前

ファイアストーム・アルマダの艦種ざっくり説明2。

  • 2014/03/26 11:59 午後
  • 投稿者:
ということで、とりあえず何は無くともスターターにあたる「パトロール・フリート」ボックスに入っているバトルシップ、クルーザー、フリゲート、SRSからざっくりご紹介しようと思います。なおゲーム上では「パトロール・フリート」という用語は「編成ポイント800ポイント以下の小規模艦隊」ということになっています。801~1200ポイントでバトル・フリート、それを超えるとグランド・フリートだそうです。スターターを買うとパトロール・フリートが出来るよ、というミニチュアゲームの模範的なネーミングですねえ。



パトロール・フリートの一例(たまたま画像があったレルソザという軍勢のもの)です。大きい1隻のがバトルシップ、中くらいの3隻がクルーザー、小さな4隻がフリゲート。加えて六角形と五角形のトークンがSRS(ショート・レンジ・スペースクラフト)です。

・バトルシップ
見たとおりという感じですが、パトロール・フリートの中では最も大事な旗艦ということになりますし、色々な装備が付いているので動かしていても楽しい花形です。しかし中小の船に対して無敵!みたいな感じかというとそんなことはありません。確かに攻撃力も防御力も1隻単位で見ればクルーザーやフリゲートなど目じゃないくらい高いんですが、複数が連なってくるそれらにはかなり脅かされます。加えて「移動が遅い」「旋回しにくい」「やられた時相手に入る勝利ポイントが大きい」ということで、これの動かし方が非常に重大です。華々しい時間より耐える時間の方が長い気もします(笑)。あとフリゲート等小型船に対し命中力が下がる為、近づいてきたフリゲートに移動でも射撃でも良いようにやられかねません。大事な船なので(単体でというより艦隊単位での)予防策が必須でございます。

・クルーザー
艦隊の中核になる中型艦。性能も中くらい…というと適当過ぎる気がしますが、実際スピードも旋回性能はバトルシップ以上フリゲート以下。装甲もフリゲート以上バトルシップ以下。ポイントも(以下同様)。ただある程度のスピードに加えてバトルシップと違い3隻程度で連なって動くので、敵を落とす力はバトルシップに勝るとも劣りません。そしてフリゲートとけんかすると(やっぱり命中力下がる為)結構負けるのもバトルシップ同様…。

・フリゲート
小型船なので、ゲーム的にはやられ役なのかと勘違いしそうですが、その移動力と攻撃力の高さから、艦隊の力の源泉です。非常に凄いです。良いポジションも取り易いですし、クルーザー以上の大きさの船からの射撃を意外なほど回避できます。そしてポイントもお安い。弱点と言えば「塗るのが大型船より楽しくない」こと位です(笑)。ファイアストーム・アルマダの編成では各船種が大中小3つのカテゴリーに分類されていて、それぞれのカテゴリーについて艦隊に含められる最小数と最大数が決められているので、このフリゲートのカテゴリー(ティア3)をどう使うかということと、相手のティア3との攻防で負けないことが大事じゃないかと思います。あとSRSには注意!

・SRS
ディストピアンウォーズでのタイニー・フライヤーにあたるもので、バトルシップや、それ以上に、まだご紹介していないですが「キャリア」という船種の大型船が搭載している小型宇宙船です。厳密に言うとSRSにも対SRS用とか対艦船用とか防御用とか修理用とか色々種類がありまして、編成時に決めることができます。一見オマケみたいに見えますがゲーム上は重要でして、本当にざっくり言うと「SRSは小型船に強い」「小型船は大型船に強い」「大型船はSRSに強い」というようなじゃんけんぽい構造になっています。なので、ちょっとやってみて「相手のフリゲート強いー」となったらSRSのルールを見る段階です。

あ、ちなみに思い出したように商品のお話ですが、パトロール・フリートは「テラン」「ディンドレンツィ」「アクアン」「レルソザ」「ソリリアン」「ディレクトレート」の所有6勢力の物が各7500円で発売中です。ルールブックは4500円です。そしてテランとディンドレンツィに加えてルールブックが入った大きなスタートセットが15000円にて発売中です。ここらへんも近日通販で買えるようにせねば…という所で一端切ります。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20140403112652884

ファイアストーム・アルマダの艦種ざっくり説明2。 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。