2020/11/30 11:41 午前

ニューゲームズオーダーの地味な取り組み。

  • 2014/07/16 11:59 午後
  • 投稿者:
水曜日、定休ながら今頃コンコルディアが各店舗に到着しているはず、と気にかかる。
一応一つは開封されているものをチェックしているが、全体的に品質がどうなのか。
自分達が普段生産している工場製ではないことも気にかかるし(といってもドイツ最有力工場なんですが…)、
来たカートンをそのまま送り出していることもある。気にしても仕方が無いが、気にはなる。
ただ無事を祈っています。

各店舗から御注文をいただいたが、自分の抱いている見込み販売数からすると軒並み少なめかなという印象。
だから困る、不本意ということは全くありませんで、寧ろ自分達が役に立っているからだと受け止めています。

各店舗様が販売分を多めに確保するのは供給の機会が限られるからで、
売り切れる度に無理の無い数をバックオーダーできる方が絶対効率的なはずです。
自分も店をやっているからよく分かります。
ある程度の長期スパンで「ウチで売れるのはx個!」と一発当てに行くのは、
ボードゲーム屋の力量だと言えばそういう言い方もあるのですが、正直気が重い予想です。
売れ残ったら元も子も無く壊滅的なことになりますが、あまりに早く売り切れるのも問題は問題。
輸入では、そうおいそれと少数再発注はできません(メーカーのミニマムもあるし、それ以上に輸送コスト的に)。

今回のコンコルディア日本語版は500個しかないわけですが、
少なくとも在庫状況は自分が常にお知らせできるので、
売れたらぱっと頼めば、しばらくの間とは言えバックオーダー可能。
取り返しが付くからこそ早期に堅い数での発注が来ているのだと思います。
その資金を他のラインナップや+αの活動に回して頂けば、お店のパワーアップにも、
引いてはプレイヤーの皆様にもメリットがあるはずだ…、と思ってます。地道な話ですが。

ボードゲーム屋さんの役に立つ流通を作って、皆さんのご活躍のサポートに役だってこそ、
自分達の伸びもあるんじゃないかと、日々地味ーな試行錯誤をやっています。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=2014072217370737

ニューゲームズオーダーの地味な取り組み。 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。