2020/11/30 11:28 午前

箱のミリ単位ずれへの対処。

  • 2014/07/10 11:59 午後
  • 投稿者:
6月から取り組んできた、下半期の大型新製品の入稿が一通り終わり、
発注先向上のチェック段階に入っている。
メインで使っている海外工場なので、発注ももう何度目になるかわからんくらい仕事していますが、
この工場の有難いのは前回までにこちらが付けた注文について担当の人がかなり細かく覚えて、
チェック項目に入れていること。

前回アン・ギャルドの際に、箱表に対してのパッケージ貼紙がどの程度までずれても許容ラインか、
という話をしていました(事前にもらった試作サンプルで1mm~2mmほどずれていた)。
貼り紙が1~2mm程度はずれうることは避け難いということで納得し、
(それが嫌ならば身蓋貼箱にせずキャラメル箱直接印刷にすべきという西山の助言もあり)
ミリ単位ずれを吸収できる箱デザインを心がけようという話になっていました。

それを踏まえて今回、元版忠実で提出したこちらのデータについて、
箱の角にあたる部分を向こうで調整しても良いかという連絡。
前回の件を工場現場で調整してもらえるのは有難い。
海外の工場ですが毎日のようにFedexでプルーフ送ってくるし!
油断はできませんが、良い形でできる予感を抱きつつ、これで生産工程に進みます。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20140727161340858

箱のミリ単位ずれへの対処。 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。