8月中に入稿したゲームのプルーフが早くも海外工場から送られてくる。
プルーフやサンプルは毎回Fedexで迅速に送られてくるのですが、
受け取るたびに「何かリッチだなあ…」と感じてしまいます(笑)。
しかしタイムラグがほとんどなく確認できるので、実際利便性は高い。
ここのところは複数タイトル並行なので、2~3日に1度はFedex便を受け取っている感じです。

今回受け取ったプルーフについては、工場側での問題は何もなかったものの一部解像度に問題を感じ、
こちらからの修整を依頼することに。
こと復刻の場合、元版のメーカーや作者、イラストレーター側から受け取ったデータが完全であることは稀なので、
結構いろいろ苦しみながらやっていますが、今回も結構難しい。
何とか問題のないラインに来るように即日作り直し。
先方の対応が早いので、こちらサイドも呼応して1日でリテイク。
海外生産は完成まで様々時間がかかるので、こういう所で時間を切り詰めようとしております。

コメント (0件)