2017/03/25 05:02 午前

追い風に飛ばされない。

  • 2015/02/18 11:59 午後
  • 投稿者:
先日日記不定期化を申し上げ、しかしそのうちここ数ヶ月のトピックスだけでも記録しておきたいですね、
と申し上げたんですが、それ以来結局ブログはかけておりませんで。日記をご覧頂いていた皆様、御無沙汰しております。
お陰様で、私吉田、そしてB2FGames/ニューゲームズオーダー一同、一層忙しく日々を送らせていただいてます。

社内でもB2FGamesに来るお客さんとも、日々「一体何が起こってるんだろうねえ、これは」と言い合っているんですが、
昨年11月ゲームマーケットでの発売以降、「枯山水」の取り上げられ方が日に日にただごとじゃない感じになってるようです。
一体全体なぜこんなにも、私どものような徒手空拳のボードゲームマニュファクチュアに御注目いただけているんでしょうか(笑)。
不思議です。いや、「枯山水」は面白いゲームだ、という自負は持ってますが、何かボードゲームの良し悪しみたいなこととは別の、
よくわからない所に回路が繋がっちゃったような感じがしますねえ。


反響があってしばらくは、お客さんたちにも「やりましたね!」「おめでとーございます、良かったですね」と言ったお祝いの言葉をいただいて、
勿論たいへん有難い事ですし、自分達もしばらくは、

「いやあどうやらコスト回収くらいはできそうだ、これで何とか次のゲームも支障なく出せそうだし良かった良かった」
「枯山水はウチのゲームにしては箱大きいから箱屋さんの倉庫に保管してもらっている箱在庫が一向に減らなくて気まずい、みたいなことにならなくて良かった」
「自分達がやれることは全部やったし、これでダメならもう今後オリジナルタイトルの出版は無いな、と思ってたから、まあ良かった」

と、しきりに良かった良かった喜んでたんですが、あんまりにも大きく、しかも連続して取り上げていただけるので、
どちらかというとドッキリにかかっているような気持ちになり、それから割とすぐに、どこか対岸の火事といいましょうか
「外の世界は気まぐれですなー、はっはっは」というような心境に至り、以降一同あまり気にせず普段どおり働いております。

そう言っている間にも「モダンアート」「クレムリン」「フェレータ」「コヨーテ」にご好評いただきまして、
「ファブフィブ」や「交易王」「クー」なんかがソールドアウト、横では「パラノイア:トラブルシューターズ」の初版が売り切れるしで、
品切れしたものは順に増刷作業中です。しかも2015年の新製品も今から準備しなけりゃあっという間に時間切れになるし、というので、
「枯山水」は月150部増産しつつも次の仕事ガンガン頑張っていきましょー、と、ニューゲームズオーダーとしては、
2014年の肩の荷が下りた今、次のフェイズである2015年の仕事に移っていこうと思っています。
(ニューゲームズオーダーは2月決算なので、今月までは2014年度なのです)

「枯山水」は自分達にとって大事なゲームですが、他に出してきたゲームも、これから出すゲームも、全部大切です。
ご好評をいただいて、足りない、欲しいというお声を頂いて、本当に有難いですし、誇らしい気持ちも報われる気持ちもありますが、
他の仕事を放り出して、「枯山水」だけに注力することはできないし、したくないなあと思います。
自分達らしくないと思いますし、楽しくないですからねえ。

自分たちが面白いと信じるボードゲームを楽しく全力で作って、それを古くから応援してくださっている皆さんと、
最近ボードゲームの楽しみを知ったと言う皆さんと共有していく、というのが自分たちの全てと言ってよいですので、
その姿勢を崩してまで「このビッグウェーブに乗るぜ!」みたいなのはありません(笑)。
自分らみたいなものがにわかにそんなのに乗ろうとしても足つって溺れるのがせいぜいでしょう。

「枯山水」をメジャー化する、海外版を出す、みたいなことに、あんまり拙速にどうこうというのはありません。
作者である山田さんと話し合って、状況を見て、自分達の納得できる、面白く思える、心の動くほうに行きたいと思います。

ただまあ申し上げられることは、明言したとおり毎月150個の増産は頑張ってまいります。
というかー、今月に取扱店様に出荷する150部は、前倒しして休日出勤して今日出来ました!
明日木曜には各ボードゲーム店舗様からいただいている御注文を整理し、金曜に出荷し、
土曜日にはお買い求めいただけるようになるんじゃないかと思います。
急かしてしまって恐縮ですが、御入用な方はお早めにチェックしていただければ幸いです。

ちなみに今回の150個はB2F分は残しませんので立川のお店に来ても買えません、ご了承ください。
ニューゲームズオーダーは小さいですがメーカーですので、たまたま今回自分達で売れそうだからと言って全部直売り、
というようなことはしないようにしています。
取扱店様あって、各方面のお役に立っての私どもですので。ちょっと不具合起きてしまってますが、
皆様が普段足を運ばれるお店、近くにあるお店でゲームを買っていただく、というのが自分達の考えの基礎です。

えー、ですのでー、自分達がB2Fや通販で今月売る分は、明日からまた1から作りー、ます!
今日も西山・関と「いやー枯山水150個、意外と早く完成できたから、これで明日から心置きなく枯山水作りに専念できるねえ!」
と冗談混じりに言い合ってましたが(笑)。明日からまた石塗りにボード貼り開始です。

たいへんですけども、一同楽しくやってます。それに勝る自分達の売りはないと思っています。
空を飛ぶことはできませんし、ズルして近道みたいのも好きじゃありません。
歩いていくんでゆっくりですが、止まらず真っ直ぐ向かいますので。

勿論3月以降も150個ずつ作っていくつもりですので、この騒ぎが終わる頃には割合買える様になるんじゃないかと思います。
世間様の気まぐれに踊らされないよわたしたちゃあ(笑)。追い風でも走らないし、向かい風でも止まらないのよ。
ということで、皆様引き続きよろしくお願い致しまーす。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20150219012021720

[...] ・ B2FGames:追い風に飛ばされない。 『枯山水』は砂紋と石の配置で美しい禅庭を作るゲーム。さまざまなパターンで砂紋タイル、石コマを並べることにより入る得点を競う。山田空太氏(imagine GAMES)の作品で、第1回の東京ドイツゲーム賞を受賞した。当サイトのレビューはこちら。 オリジナルサイト表示 – 『枯山水』ネットで話題広まる - ニュース ad google_ad_client = "ca-pub-8893408074022506"; [...] 続きを読む