2017/03/25 05:01 午前

ボードゲーム「曼荼羅」を8月9日「中央・総武線ボードゲームフェスタ」で発売します。

  • 2015/08/07 08:18 午後
  • 投稿者:


8月9日に東京の三鷹産業プラザで催されるテンデイズゲームズさん主催のイベント「中央・総武線ボードゲームフェスタ」にはニューゲームズオーダーも参加致します。

http://shop.tendays.jp/event.html

…ということを弊社から改めて申し上げるのも、2日前になってしまいました。
それもこの「曼荼羅」を準備していた為で、これの明後日発売が可能になったのが、本日だからです(笑)。
(このゲームには木製駒が多めに入るのですが、この生産が大幅に遅れ、ようやく本日入荷できたのです)

曼荼羅、作者は麻生忠嗣さんです。
アートワークは枯山水に続きママダユースケさんにお願いしております。
価格は税込6000円となります。
8月9日のイベントで先行発売後、本格的に出荷の準備を整え次第、各店舗様に出荷する予定です。

https://sites.google.com/a/newgamesor...es/mandala

曼荼羅というゲームについて改めてご説明します。
こちらは、2012年~2013年にかけてニューゲームズオーダーとテンデイズゲームズさんが共催したゲームコンテスト「第一回東京ドイツゲーム賞」の応募作の一つです。
同賞の大賞には「枯山水」を選出しましたが、この枯山水と最後まで大賞を争ったのが曼荼羅でした。
私たちとしては、これら2作は趣こそ違えど、いずれも甲乙付け難い価値を持つゲームだと感じましたので、侃侃諤諤の選考の末、
最終的に曼荼羅には「ニューゲームズオーダー特別賞」を贈らせていただきました。

選考を終えた際、私としては、この枯山水と曼荼羅は、どちらもニューゲームズオーダーから出版させていただきたいという希望を申し上げました。
双方とも多数のコンポーネントが必要ですし、ゲーム時間も1~2時間かかる本格的なボードゲームですから、製品化には相当の困難が伴うことは容易に想像されました。
しかしながら、自分たちが着手しない限り、これらのゲームが皆様に遊ばれないまま終わってしまう可能性が高い。
それは誠に忍びないと感じたのです。
埋もれてしまった良いゲームを掘り出そうとしている自分たちが、新たな価値あるゲームをここで埋めてしまうのはと。

2作を比べても、枯山水は(より制作には困難があったものの)より多くの皆様に喜んでいただける可能性を持ったゲームであると考えた為、
勝算を見出し、ご存知の通り、昨秋発売するに至りました。
お陰様で初版を完売し、(予断は許さないのですが)現在新装版の生産も佳境を迎えております。こちらにも、取扱店様から多くのご注文をいただいています。

一方で曼荼羅は、自分たちがこれこそ「ゲーマーズゲーム」だと考えるような種類のボードゲームです。
ルールは4ページでそう難しくもなく、読んだだけでは生じる展開がほとんど想像できないのですが(現に自分たちも遊ぶまで真価がわかりませんでした)、
爆発力のある、本当に難しく、本当に面白いゲームです。
人間同士で遊ばなければ、こういうことにはならない、自分たちが大好きな「古い」ゲームです。

「古い」と言うことについてもう少し申しますと、昨今、商業ベースで欧米メーカーから出てくるボードゲームの多くには、
セールス上のノウハウが蓄積されたが故の制限が多分に科せられていると感じます。
「こういうゲームは売れる」「こういうゲームは売れない」というデータの蓄積に基づいて、次にリリースするゲームの性格を決める。
それは一見すれば正しい仕事のやり方のようにも思えます。
ゲームを出すたびに数字上の結果、傾向が現れますから、当然意識はしたくなるし、一定すべきではあるのでしょう。

しかしながら、その枠内で、優等生的な条件を満たすだけで、新たに面白いゲームができるわけではないはずです。
欠陥品でなければベストセラーになるわけではないし、駄作から離れるだけで傑作になるわけではない。
何よりそのような判定基準は、かつてあった様々な、言わば未精製に過ぎないかもしれない宝物を、大幅に捨て去ってしまいかねないやり方です。

曼荼羅のようなゲームを東京ドイツゲーム賞に応募してもらったことに、自分は強い感謝の念を持っています。
全体のムードなんかとは関係なく、一番面白いと思うものを作ったらいいんだということに、改めて気づかされました。
優秀なものよりも、そういうものこそ面白いと感じる人は、変わらずいると思うのです。
あるいは、気づいていないだけで、本当はそういうものが欲しいのだという方々は。

作者の麻生さんとは未だお会いする機会が無いのですが、今回の制作にあたり、全面的に信頼していると言っていただけております。
…下手打てませんな(笑)。良い形で曼荼羅を皆様にお届けして、遊んでいただいて、そして麻生さんの所にご挨拶に伺いたいなと思っています。

ボードゲームが好きな皆様には、是非、曼荼羅を遊んでいただきたいと思います。
それでは明後日、よろしくお願い致します。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20150807201806439

[...] ルールは4ページながら、国産ゲームには珍しい2時間級のゲーマーズゲーム。ルールを読んだだけではほとんど想像できない展開があり、「爆発力のある、本当に難しく、本当に面白いゲーム」だ。 ・ B2FGames:ボードゲーム「曼荼羅」を8月9日「中央・総武線ボードゲームフェスタ」で発売します。 オリジナルサイト表示 – ニューゲームズオーダー、東京ドイツゲーム賞特別賞作『曼荼羅』を発売 - ニュース ad google_ad_client = [...] 続きを読む

[...] 価格:5,999円(税込) 送料:525円(沖縄・離島1,575円) 注文10,000円以上で送料無料 ルールブックわずか4ページの2時間級ボードゲームだそうです。 参照リンク: ボードゲーム「曼荼羅」を8月9日「中央・総武線ボードゲームフェスタ」で発売します。 – B2FGames ニューゲームズオーダー、東京ドイツゲーム賞特別賞作『曼荼羅』を発売 – TGiW オリジナルサイト表示 – 『曼荼羅』 靴のえびすやで通販開始 - ブログ ad [...] 続きを読む

ボードゲーム「曼荼羅」を8月9日「中央・総武線ボードゲームフェスタ」で発売します。 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。