2017/05/27 08:49 午後

5月、95%。

  • 2016/05/28 12:28 午後
  • 投稿者:
次回書いたのがゲームマーケットの前日でしたが、気付いたら5月終わりますねえ。
本日は珍しく新製品の発表でもなく、日々のブログとして書こうかなと思います。

毎日書いていたころは、骨が折れることではありましたが、毎日自分の状況を書いて、皆さんにお知らせするのもそうですが、
「今お前こうだぞ、B2F、NGOこうだぞ」ということを整理し、自分自身に認識させる効果が多大にあったと感じています。
まさに自分にとっては一つの基礎を成したんですが、時を経るというのはそういうことなのね、というもので、
ニューゲームズオーダーの責任者の発言、的な立場の重みを感じ、どうも何でもかんでも毎日書いていると問題あるぞこりゃ(笑)、
という気がして書かなくなっていました。
(毎日書いているとその日その日のことをネタにせざるを得なくなるので、自然に何でもかんでも書くことになりまして)

しっかしまあ、そこで過去の自分が言ったことから教訓を得れば「他の人は自分で思うほど自分のこと気にしてない」ということで、
ここの所ちょっと書いていっちゃいたいと思い始めてます。
より正確に言えば「書いちゃえるような状況に戻りたい」ということかも。26でB2F始めたんですが、10年も経つと若干オッサン感出てしまいます(笑)。

そもそも別に、書いちゃえないような状況になんか、本当はなっていない。自分で自分を、そういう気分に持っていってるだけなのかなと。
実際10年前に比べれば、不恰好ながらどうにかこうにかゲームの出版とかができたからか、なんか言うと思いの他耳を傾けてもらえちゃうようになったもんで、
外野から好きなことを言って、物好きな人しか聞いてない、みたいな状態ではないかもしれないですが。
まあ、Twitterに記事のリンクが貼られなければ、今でも外野だろうと(笑)。
(実際Twitterのリンクでページのビュー数が10倍とか余裕で変わります。このブログ書き始めた時って、Twitter無かった頃ですねえ)

とまあ、書き始めると長々文が延びてしまうのは相変わらずですが、今日は5月の総括的なあたりのことで。
タイトルにもありますが、ど~もニューゲームズオーダーの5月の売り上げが当初目標の95%超えたあたりで止まりそ~な28日(あと4日)。
ここ最近(下手すりゃ年単位で)月の売り上げ目標なんて話をしてないのにいきなりどうしたんだいYou、という感じもありますが~、
ええこの5月というのは、春ゲームマーケットもございましたがそれが無くても私どもにとっては非常に大切な位置づけになっていた月でして、
この半年くらい出費出費して作ってきたゲームをいよいよ売るフェイズ、お金が戻ってくるフェイズに転換するという時だったのです、数か月前から。

ちなみに大前提として、その売り上げ目標自体が数年前からすると(なんなら1年前でも)目ん玉飛び出る額になっているので、
「ちょっとの間に随分贅沢言える身分になっちまったぜー」という見方もできるっちゃあできるんですが、
その目標っていうのは別に「一儲けして外車買うぜー!」みたいな発想から出ているわけではなく、
2016年現在、自分たちが皆さんにお送りしていこうとしているニューゲームズオーダーのゲーム作りの品質や規模に届かせる為の必要最低条件、
というところなのでございまして(あと目ん玉飛び出るほど税金払ってお金無いから、という理由もあります(笑))。
ええ、有り体に言うと、掲げた目標を落とさずに続けるために必要な数字と位置付けていたのでございます。

それが今、95%。なかなか面白いじゃねえか(笑)!
「あと4日あるじゃない!」という見方もできますし、「5%弱なんて、誤差じゃない!」ということにしてもいいのかもしれませんが、
私はこういう(誤差ってことにしてもいいような)所から自分なりに情勢を見極めてきましたし、次の手に反映させてきた部分があります。
周辺の状況と、自分たちの取り組みと、その関係から生み出されたものが、言わば「95%」だとすると。
この数年間の結果が95点とも。95点て言えば上出来ってことにしてもいいのかもしれないですが、これはこの数年間の自分たちの、総力戦の結果です。
あと5点は、この方法では埋まらない気がしている。それどころか、このまま時を経れば、維持していくのも難しい。
(売り上げもそうですが、自分たちのやる気やテンションも大事ですので)

だから何が言いたいんじゃいと言うと、これを、2013年以降取り組んできたやり方に対する1つの結論としようかな、と思っているということです。

え~、ご心配いただく必要はありません。
「ボードゲームの名作復刻とか日本語版出版とかもうやめるぜー」というようなことを言っているわけではありません(笑)。
ただ2016年、それから2017年くらいまでの範囲では、日本でのボードゲームの商業で「こういう風にするとこうなる」ということについては、
自分たちなりの結論を出せたので、やってきた中で評価いただいていることは続けながらも、
背負い過ぎずに次のことを考えようと。ポイントは何より、やっぱり「自分たちが楽しくなっていくこと」です。私たちは欲張りですので(笑)。
2015年に積み残したゲーム1個、これは必ず今年出したいと思います。あと新たに契約したゲーム2個。これも出したい。
スルー・ジ・エイジズ。去年の12月あたりにやってた仕事なのでとっくに出ててもおかしくないですが(時期はチェコ次第ですが)絶対出します。
フードチェーン・マグネイト。自分は担当じゃないけど当然もう動いている。(特に向こうで作ってる駒生産要因で)定刻通りかはわからないですが、
ご満足いただけるものになると思います。
フロストグレイブは、関と広瀬が今次の本のことをやっています。ミニチュアの仕入れ販売も含め、頑張ると思います。
あと並行して、自分たちがワクワクしているような新しいことも始まってます。責任は後において(どうせ自分は背負いますから)
何より盛り上がっていこうと思います。

…これだけ書いても全部じゃない。やり過ぎですな自分たちは(笑)。やることはそんな変わらないかもしれないけど、
気持ちはより好き勝手な方に切り替えて、やりたいことを、やりたい順に、やっていこうと思いますー。


トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20160528122850430