2017/06/26 10:45 午前

切り抜けかけて1月終盤。

  • 2017/01/24 03:11 午後
  • 投稿者:
1月も、残すところ1週間ですねえ。いや~、早いもんです…とはあまり思わず、先日も西山と「1月、滅茶苦茶長くない?」という話をしていました。
先月バザリとキャント・ストップを何とか売り出して、お陰様で堅調に滑り出しまして、「あとは1月の枯山水再入荷さえ迎えれば…」というつもりでした。
2017年に入ったら新規の製品制作については一旦腰を据えて、慎重に、せざるを得ない、…し、状況を考えると流石にそうしたくもある。と。
先日何とか枯山水を再入荷&出荷再開でき、襲い来る納税群を何とか乗り切り、ようやく人心地。

ではあるんですが、色々仕事がひと段落しているつもりが、予想以上に相変わらず忙しいです(笑)。忙しいというか、それ以上に気ぜわしい。

一つにはお陰様で目標額150万円を達成致しました(!)パラノイアRPGミッション集【フラッシュバックス】です。
https://motion-gallery.net/projects/p...flashbacks
こちらは1月末までとなっておりまして引き続き募集中です。既にご参加いただいている方はご注目されていることと存じますが、

「お金集まる程内容充実する!」

というフェイズに入っております。私がただ今確認したところ現在の金額は1,755,700円。
180万円(つまりあと4万5千円ほど)集まりますと、「Pre-Paranoia」というミッションが一本余分で翻訳、収録されるということです。
200万円で「Trouble With Cockroaches」がさらに追加収録。
250万円で「Das Bot」が追加…、と、お値段変わらずミッション集の内容が充実していくという仕様です。
自分もそう詳しいわけではないですが、「ストレッチ・ゴール」というやり方だそうで。事前にこちらのサイトを見た段階では、
「上手くことが運べばいいけども…、思うようにご支援集まらなかったら、ここらへんも皮算用になってしまうのだからたいへんだー」
と思っていたんですが、幸いにも、その良い意味でのたらればを実現できかけている状況です。
ので、あと1週間、お知り合いのパラノイアRPGファンの皆様へのご周知ご案内、皆様よろしくお願い致します。
あと「お金を出すか、直前まで考えよう」とか「いくら出そうか、直前のお小遣い事情で決めよう…」という皆様も、
是非重々ご検討いただければ幸いです、が…どうか忘れないでください(笑)。
1月末まで!どうぞよろしくお願い致します。


さてパラノイアRPGの話はこのくらいで、もう1つの要因は「第2回東京ドイツゲーム賞」の優秀作群です。
お陰様で枯山水を再入荷しましたので、フェイズとしてはこれらにどのようにあたっていくか…、という考えを始められる状況です。しかし難しいです。
「いのちだいじに」と「ガンガンいこうぜ」の両方に根拠もあれば罠もある、そういう状況。
資金繰りや(枯山水入荷した直後の)在庫状況ということを言えば、もうちょっと時機を見たい。何なら半年くらい着手待ちたい。という気もしていますが、
ゲームをお作りいただいた皆様のお気持ちもあり、またこの賞にご注目いただいている皆様のご期待もあることは、重々承知しておりますので。

枯山水を第1回の大賞に選出したのが2013年の7月でしたから、3年半ばかりの時間を経まして、
商業の規模は若干ながら大きくすることはできましたが、オリジナルゲームを商業ベースで出すことの難しさは、
何も、なーにも変わらないな、という実感を今しています。
ルールや、内容物、アートワーク、箱のサイズ、価格、部数、それに伴う販売計画と、まあ見え易いものだけでも、その気があれば動かし放題で。
動かし放題な分、散らかり放題で。関係各人が見据える完成形に、どこかで強靭なリンクを見出せなければ、ものは実像を結びません。
「これを、こう生む」ということに、どこかで共通の確信、納得、覚悟が要ると。
だから、関係者が増えるほど像がブレるのですが、クオリティを持った人がより多く、本気で関係した先で、皆で結びおおせた実像ほど、良いものになる。
これは間違いない、と思ってるんですが、この「良いもの」を喜んでくれるのもまた、その像の価値を共有してくださる、本気のプレイヤー(単に経験や歴でなく、ゲームプレイに意欲旺盛な、という意味です)の皆様中心、ということなので、
ごくごく短期的な話としては、そういうゲーム作りに収益的な意味があるのかというと、よっぽどのことができない限り、差は生じないかもしれません(笑)。
良いものが作れた上で、それを度を越して強力なものにできた時の、副賞みたいなものかな~と。
商業ってのはそこを副賞扱いじゃいけないっぽいんですが(笑)、収益性にのみ特価させるなんて、難しいしやりたいわけでも全くないので、
やはり今までと同じやり方で苦しみ作るのですが、…さてー私ら、上手いことできるのかな、今回は?
上手いことできないと…まずいですなあ。今年こそ、まずいことにはしたくないですなあ。しかし、色々と、譲りたくはないですなあ。

まあ…見といてくれよ、皆(笑)。今まで通りの「ガンガンいこうぜ」一辺倒ではないかもしれない僕らですが、何とか切り抜けていきたいと、
心の底から思っていますので!ニューゲームズオーダーをしっかりと保ちながら、なおできる限り、進めてまいろうと思います。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20170124151154895

切り抜けかけて1月終盤。 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。