2017/09/21 03:53 午後

少しの時間、待ち。

  • 2017/05/26 08:00 午後
  • 投稿者:
ゲームマーケット、お疲れさまでした…といったようなことを書こうー、と思っている内に、気づけば2週近くが経過し、もう5月も下旬。

遅ればせながら、ゲームマーケットではニューゲームズオーダーのブースに多数のお越しをいただき、誠に有難うございました。
本当にかつてない程終日お客様が多く、全員割と一日中てんてこ舞いでした。
ハツデンも六次化農村も結構余裕な量を想定して持ち込んだのですが、結果はどちらも完売という形で。嬉しいことです。
ニューゲームズオーダーとして、ゲームマーケットで過去最高の売り上げ(それも過去を大幅に上回る形で)となりました。

オリジナルのゲームがこれだけゲームマーケットで売れるようになったのか…、という感慨があります。
シンプルにご来場の方があれだけ増えたから、ということもありますが、
海外のゲームと比較しても引けを取らないゲームが出てくるかも、というご期待をいただいている、ということでもあるかなと。
そうだとしたら、嬉しいですねえ。という思いと共に、何か他人事のような驚きがあります。日々割と平然とした顔してますが、驚いています。


ゲームマーケットが終わって数日は、当日の多忙から私と西山は全身筋肉痛という状態だったのですが(笑)、ここの所は何とか体調も戻りまして。
春ゲムマを乗り越えたのでニューゲームズオーダーとしては一旦落ち着き、
ワンフェス出展ですとかそういったアディショナルなものにも力を向けていきたいね、という話をしています。

…と、言いつつ4~5個のボードゲームの制作の課題が私の眼前にあります。嬉しいことであり、厳しいことでもあります。
自分が今思っているのは、何かわからんようなことを言いますが、この1つ1つについて「易く作ってはいけないな」ということです。
自分としては、今春「ハツデン」と「六次化農村」に、相当力を傾けました。それが何とか形を見て、売り出されて、お楽しみいただけてもいる模様で。
さらに言えば「ハツデン」にしても「六次化農村」にしても既に黒字化できている。贅沢な所に持ってこれたものだと思います。

ただ、5年間にわたってゲームを作って売ってまいりまして、目標だった「50作のラインナップ」も実現できた今でもなお、
ゲーム作りが簡単になったことは全然ありません。有体な表現になりますが、1つ作る度に、情熱を湧きあがらせて、全力で力を傾けて、
それで皆さんにお楽しみいただけるか、果たしてどうなるかと、結果を1つ1つ見て、考えて、また作っています。

ただ今は、自分の心に次のゲーム作りの火が立つのを、自分で待っている状況です。
話が生じているからと言って、着火しないままに手掛けてしまうと、出来上がったゲームから、
そのことはプレイヤーの皆さんに必ず伝わってしまうと、そう思いますので。

このブログが言わばスイッチでして。
これを書き終えたら、そろそろ本腰で1個1個のゲームを見て、自分の心に火を呼びたいな!と思っています。
立たないうちは、動かないつもりで。ああ、このゲームを皆さんに楽しんでもらいたいな!また良いヤツを作ろう!
という気持ちを、少しの時間待ちたいと思っておりますー。
少しの時間というのは、数週間という気もしますが、あと30分くらいのような気もします。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20170526155850629

少しの時間、待ち。 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。