2019/12/10 02:41 午前

予定を変更し、ゴー・ストップ改版の話を少々。

  • 2019/11/09 07:11 午後
  • 投稿者:


http://www.newgamesorder.jp/games/go-stop-1

ええ前回ゲームマーケットでの新製品の話を次回しますと申し上げたんですが、
話の順序的に今回は「ゴー・ストップ」の再入荷の話をさせていただきます。

沢田が手作りで作ってゲームマーケットで初めて売ったのが確か「2005年」ですから、
(↑2003年かと思ったら記憶違いでした。沢田くん本人からの指摘により修正しました)
割と根強く居残っているこちらのゲームですが、もう一つ言うと品切れ再生産するたびに
何故かちょっとずつ仕様を変えてきている形になっておりまして、
(そういうプロデュースとかではなくたまたまなので自分達でもちょっと不思議なんですが)
この度のバージョンは4版にあたります。
これに伴い販売価格を税抜1400円とさせていただいております。
仕様の変更としては、

・箱サイズをコヨーテと同等サイズに変更
・中の得点カードやプレイヤー識別カードをタイルに変更
・プレイヤーの勝数を表示する為のチップ追加(両面で「1勝」「2勝」と表示できるもの6枚)

という形になっています。
内容物の変更としてはプレイアビリティの地道な向上、というのが今回の改版の眼目です。
ゴー・ストップは短時間、シンプル、スピーディで盛り上がる、というところに長所があるゲームですが、
そのゲームプレイの中で間違いなく「カードをめくって伏せてめくって伏せて引き取ってめくって伏せて」
といったことをひっきり無しに繰り返すゲームです。
その中で、「絶対問題」という程ではないけどやや気になる課題として、
「リズム良くやってると場に置いておくカードと手札に入れるカードをあせって混同しわちゃわちゃしてくる」というハードルがありました。



今回の改版で有効な変更の一つは、地味ですが識別カードのタイルへの変更です。
プレイヤーの手札となるカードは六色のプレイヤーカラーで誰のカードなのか判別する形になっています。
手札とは別に手元に残してプレイヤーカラーを示しておくものとして識別カードがあったわけですが、
この識別カード、プレイヤーの手札と同一サイズでデザインも似ていたため
「わちゃわちゃやっている内に間違えて識別カードを手札に持ってしまう」というのがありがちなことでした。
もちろんすぐに「あれ?」と気付き、苦笑いしながら手元に置き直すだけなんですが、これで一瞬ゲームが止まるのは確かなんですよね。
ということで、識別カードを厚紙にしました。各段手札とは間違えにくくなると思います。
これに伴い、得点カードの方もタイルにしました。これはゲームの意味上というよりは、
獲得を目指す対象ですからちょっと分厚くしておいたら嬉しいかなということであわせて変更しました。



そしてもう一つの変更が勝数チップの追加です。
ゴー・ストップは3本先取のゲーム(まあ好きな回数気が済むまで遊べばいいんですが)ということですので、
今誰が何勝しているか表示できた方がより良いかなということで。
メモする程ではないし、気にすれば憶えておけるとは思うんですが、
「誰が2勝しててリーチ掛けてるから…」みたいなことが全員に明示されている、
その情報が共有されていることがしっかり期待できるようになると、
心理戦を楽しむ上ではこれも地道な向上なんではないかと思っています。
あと勝ったら手元にチップもらえるよ、というのは着実ですがこういうカジュアルゲームにはあって嬉しい要素かな、ということも。

という変更との兼ね合いから箱もコヨーテと同一サイズにさせていただきましたが、
「この箱サイズにすること」自体も勿論今回の改版の目的ではあります。
現在国内でのボードゲーム販売が広がってきた結果、売り場もある程度形が整ってきて、
従来の小箱だとどうしてもきれいに並べてもらうのが難しいんだな、という実感を得ていました。
あとこれは内部的な話ですが、以前のゴー・ストップには専用カートンが設定されておらず
全てバラ単位の受注となっており、管理上の手間からどうしても取り扱いや販促の優先順位を下げてしまう、
という事情もありまして…、コヨーテ等と同じ、カートンに40個入っていてその単位で出荷する、
というNGOが確立してきた標準に合わせる施策を取りました。

ゲーム内容としては、今改めて多くの方に遊んでいただくのにいいゲームなんじゃないかな…、
と期待するところは大きいですし、あと大切なのが、これだけボードゲームが広がってくると
「あ、ゴー・ストップね、前の版持ってるよ」「そのゲームやったことある」って人より、
「何そのゲーム、知らないけど?」という人の方が常に多い状態なんですよね。
本当に、日々新たに遊び始めていただける状況が続いていますから。
ですから、ゴー・ストップをまだ知らない方々にしっかり認知してもらいうる形を取り直しての再販としました。
ボードゲームの出版事業、次々と新しいのを出していく!みたいのが華々しいし勿論大ヒットのチャンスもあるのかもしれませんが、
過去に自分達が出した物を地道に改善して再供給、みたいなのはやっぱり欠かせないなあ、と思ってやっております。
ということでゴー・ストップ、改めてよろしくお願いします。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20191109191101896

予定を変更し、ゴー・ストップ改版の話を少々。 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。