2020/09/20 09:08 午前

ファンタジー・ボックスのスポンジ、こんな感じです。

  • 2020/06/25 07:23 午後
  • 投稿者:
先日「ファンタジー・ボックス」発売するよ~、ということを発表したわけなんですが、
こちらのSサイズボックス用のスポンジSの作りについては、
西山と少々話し合った結果、自分が希望した形を採用してもらうことになりました。

↓こんな感じで、


ご購入いただいた時にはSボックス内にぴったりフィットする板状の1枚(2cm厚)+薄い1枚(5mm厚)なのですが、



板状の1枚には格子状の切れ目が入っており、外枠を残して切り離せるようになってます。
9割切れているので手で簡単に、無造作に切り離せます。
お豆腐の賽の目切りのような感じで、1辺2㎝余りの直方体が3×5=15個分抜けます。



ということで、入れるミニチュアの大きさや数を決めているようであれば、
写真のように好きな部分を切り離せば、お好みのスペースが空いたスポンジとなります。



ですが自分がオススメなのは15個全部をいったん全部抜いてしまう使い方です。
一見するとどうしようも無くなってしまうように思われるかもしれませんが、
ちょうどいい堅さのスポンジを採用していることもあり、ミニチュアを入れてから詰め直せば
「スポンジ同士の摩擦+箱の身蓋の摩擦」で、ミニチュアを揺らすことなく保持することが可能です。
(さらにバリューセットに付いているトートに入れれば、袋による保持も加わってほぼミニチュアの安全が確保できます)

この使い方のメリットは、当然ながら臨機応変にミニチュアの収納数やサイズに融通を効かせられることです。
スポンジを何らかのミニチュア専用に用意していくと、手持ちのミニチュアが増えるたびに新たなケース、
そしてそれ用のスポンジを用意することになってしまい、これは相当本腰を入れて遊ぶ方以外には負担が大きいはずです。
「片付かなくなるんじゃないかな…」という(もっともな)予感とともにミニチュア趣味に二の足を踏む方、
というのはいらっしゃるんじゃないのかな、と常々思っておりましたので、
この「ラフにしまえて持ち運べる」タイプのケースが欲しいなと考えていました。

ちなみにですが、抜いたスポンジのキューブはSサイズボックスの外、Mサイズボックスの中に挟んでおけば、
Mボックス内でのSボックスの揺れもさらに低減でき、加えてお勧めです!

私個人としては、このキューブ型のスポンジ単体でもそれなりの量で袋詰めにされて売られていたりしたら、
一定引き合いがあるんじゃないのかな~と思ったりもしますね。
(モンスターなどの大型ミニチュアを箱に入れる際、周りにスポンジを適量詰めれば安全性が簡便に増せそうです)

ということで、「100%きっちり!」というタイプのケースとはちょっと違う、
「90%安全で幅広く効率的に使える」ファンタジー・ボックスのスポンジについての補足でございました。
「いったんこれに入れておこう」という感じで楽に使える収納ケース、お勧めです。

特に、ミニチュアを塗り始めたもののまだ手持ちのケースを用意されてない皆様と、
収まりどころが無いミニチュアがたまっている皆様には、お試しいただけましたら幸いです!

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20200625192313452

ファンタジー・ボックスのスポンジ、こんな感じです。 | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。