2018/10/17 06:40 午前

会社仕事、一進一退

印刷用ページ
  • 2006/12/05 11:59 午後
  • 投稿者:
進む仕事もあれば滞る仕事もあり、やはり週休2日はならず。見事ずれこんでしまった。
まあそうこなくっちゃ手応えが無いってもんですよおほほ。

今日は平日ながら、ドラゴンでは割合悪い大人の方々が集って遊んでいました。
ミニチュアテーブル上ではウォーハンマー40kが一戦催され。

自分も遊びたいところですが、私のアーミーは前の職場からの持ち出しの時に結構乱暴に扱ったため、
所々壊れて補修を要する状態になってしまっている。

今は会社の事をやるのが楽しいですが、悠々とミニチュアいじりでもする時間があるというのも、
それはそれで憧れますなあ。
今やってる事をやっつけてその時間を勝ち取りましょう、とそのためには明日銀行明後日税務署ですわ。

ゲームの事を考えない1日

印刷用ページ
  • 2006/12/04 11:59 午後
  • 投稿者:
今日は完全休養日でございました。

と、何回かこんな事を書いている気がしますが、今日は本当に休み。
ここの所ゲーム漬けといった感じでしたので、敢えてゲームの事を考えずに過ごしました。

このままだと永遠に部屋を片付けない気がしたので掃除をし、布団干し・洗濯・料理の1日。
う~む久しぶりに人間らしい生活を営んだ感があります。


明日は5日なのでそろそろ今月の方針を固めねばならんですが、
平日でもあるしおそらくはまったりとデスクワークといった感じになりそうです。

来客の方はゆっくりお相手できますので、よろしければお待ちしております~。

12月を切り抜ける方法、思案中。

印刷用ページ
  • 2006/12/03 11:57 午後
  • 投稿者:
12月スタート早々多くの方にご来店いただき、良い週末を過ごせました。
皆様ありがとうございます。

本日はダイヤモンド・海賊組合・フィガロ・ワードバスケット・ロードオブザリングミニチュアゲーム・そしてクラウトファンタジーがプレイされました。
立川クラウト同好会、なおも勢力拡大中。
今日も良作尽くしで素晴らしかったですね。

それからフィガロの評判をあんまり聞かないのですが、またも、またしてもクニツィアの傑作です。
私の好みのど真ん中のようなゲームで、個人的なクニツィア2大ゲームである
「モダンアート」「ハイソサエティ」に並びうる物でした。
いくら誉めても誉め足りない、というか誉めるのを止めさせてくれない、
本当に偉大なデザイナーですねクニツィア先生は。
近日中に紹介と感想を書きます。

と、忙しかったのですが置くわけに行かないのが、今月を乗り切る方法。
先月までは売り上げ最優先、仕入の合計金額等は店の滑り出しとあって後回しにしていたんですが、
今月からはそうは行きません。具体的には家賃・光熱費・電話・インターネット代金約11万円にプラスしてどれだけの利益を出す事が出来るか、というのがテーマでございます。
要は「売上」-「仕入」=?
という事。仕入れを慎重にやらないと、上の数式で負の値とか導きかねません。

これ失敗すると正月の餅も買えねえだ!あ、私この手番ちょっと長考しま~す。

立川クラウト同好会、狂い咲き。

印刷用ページ
  • 2006/12/02 11:57 午後
  • 投稿者:
B2Fでクラウト買った、始めたという人を勝手に入会した事にして勢力拡大している
立川クラウト同好会ですが、今日も構成員は順調に増えついに10人に到達。
本日は4人バトルロイヤル等も試みられましたが、これまたかなり手応え良いです。

B2F近辺での急激な広がりには、嬉しい反面そんな馬鹿な、と流石に驚きを禁じえないですが。
まあ今までお世辞にも売れているとは言えなかったものがオススメした結果として売れるのは、
セレクトショップ冥利には尽きますねえ。

そして入荷3日目にしてクラウトは品薄状態。早くも再発注を模索しております。
熱心にやっている皆様、チップ2枚入りブースターが250円、1box36パック入りで9000円ですんで、
お友達と一緒にご購入等もご検討くださいませ~。

立川クラウト同好会、始動。

印刷用ページ
  • 2006/12/01 11:54 午後
  • 投稿者:
突然ですが、皆さんクラウトってご存知ですか?

ええ、ヒドゥンシティゲームズという会社が出している非電源ゲームです。
↓ヒドゥンシティゲームズサイト
http://www.hiddencitygames.com/index.php

正式名称は「クラウトファンタジー」。日本語版はホビージャパンから。
もしかしたらホビーショップ等で見かけたことは有るかもしれません。
ゲームジャンルは…、「コレクタブル・スローイング・ゲーム」。2人以上で対戦します。
説明がちょっと難しいんですが、一言で言えば…「スポーツ版マジックザギャザリング」?

中央にイラストとパラメータが書かれたゴム製チップ15枚を自分の持ち駒としてルールに従って構成し、
これを床などに作った60cm×60cmのフィールドに、弧を描くようにして順番に投げこみ、勝敗を競います。
MTGのように自分のチップで相手のチップを攻撃して取り除いたりするのですが、
攻撃するには目標の近くに上手く自分のチップを投げ込まなければならないというのが肝。

ボードゲーマーの方々には、「ちょっとカイロみたいな」と言えばおわかりいただけるでしょうか。

15枚をお互い投げあい、ゲーム後にフィールド上に残った自分のチップの
クラウトポイント(チップ中央の白丸)の数が多い方が勝ち、というゲームです。
まあかなり大雑把に説明していますが。

このクラウトあまりにも新しすぎる為なのか、リリース以降流行る様相を全く見せぬままに
時間が過ぎております。が。

これ、凄く面白いんですよ。
何が良いと言って、「投げる」という行為のプリミティブな楽しみが。
どんなに良いデッキを作っても、ここ一番で指先が言う事を聞かなければ駄目。
調子よく投げていたのに、まさかの逆転スローを食らって動揺し全く狙いが定まらなくなるとか、日常茶飯事。

主役はこの「投げる」という行為そのものなのですが、知的遊戯としての側面も十分にあります。
15枚を投げる順番は基本的に自由なので、どのタイミングでどのチップを投げるのか、
またフィールドのどこを狙うのか、今これを使っていいのかいけないのか、
そして上手く投げられるのか疑心暗鬼になり、頭と心をフル回転します。

投げるというスポーツ的側面は、デッキの強弱が勝敗にそのまま表れてしまう事への
セーフティネットにもなっています。
で、負けても不平を言いたい感じじゃなく、相手の上手さを賞賛する気持ちになれる所も良い点。

とまあベタ褒めしているわけなんですが、この吉田激押しのクラウトが、
先日ようやくB2Fに入荷しまして。

私の熱烈すぎるオススメの結果、入荷2日にして早くも5~6人のクラウトプレイヤーが誕生しています(笑)。
しかし皆さん早くもかなり熱中している模様。まあ面白いですからねえ。
ご来店の方々、入ったら謎のゴムチップを絨毯に向かって投げている人たちがいるかもしれませんが、
何とぞご勘弁下さい(笑)。
1500円で二人分のデッキが入ったスターターが売ってますので、
よろしければ皆さんためしに投げてみて下さいな。

11月、終了

印刷用ページ
  • 2006/11/30 11:59 午後
  • 投稿者:
さて結論から。

11月売り上げ合計…、639,665円。
目標達成~!

ありがとうございます。
お蔭様で何とか初月は合格の売り上げが出せました~。
いやあ月中盤辺りでは「こりゃやっちまったか?」と冷や汗が出る場面も有りましたが、
皆様にごひいきいただきまして、何とか生きていられる具合でございます。

ところでB2Fにご来店の方なら皆様割合ご存知の事と思いますが。



ゲーム料金募金箱。
B2Fで貸し出しゲームを遊んでいただいた方に100円ずつ払っていただく為の貯金箱でございます。
ユニオンジャック柄なのに下部には「アメリ缶」なる失笑物の商品名が書いてあり、
馬鹿負けして思わず100円ショップから求めてきた代物。
冗談で「恵まれない吉田に愛の手を…」とか書いていたら何回か本気で施しを受けそうになり
慌てて止めたりもしていましたが、本日1ヶ月分の料金取り出しという事でお役御免でございます。いざ開封。



何で私こんなに楽しそうなんでしょうか。



というわけで、中身は15300円。思った以上に入っていました。
まあゲーム料金だけではなく色々微妙な小銭も投入されていた気もしますが、
皆様日ごろからB2Fで遊んでいただきましてありがとうございます。
遊び場としても定着出来ているかと思うと嬉しいものがあります。

それでは、12月もよろしくお願い致します。

人を振り向かせるメールが書きたい

印刷用ページ
  • 2006/11/29 11:59 午後
  • 投稿者:
ここの所メールを書く機会が流石に多いんですが。
割合と勝負がかかるメールも有ります。何とかしたいものです。

で、Blogの更新が滞るという。お許し下さいー。
ああ、明日の木昼ゲーム会で遊ぶルールまだ読んでないわ~。

まあ明日までには読んでおきましょう。
明日は11月最終日、目標売り上げに届くかどうかは予断を許さぬ状況、
皆様お待ちしております(笑)!

店を横目にゲームを作る

印刷用ページ
  • 2006/11/28 11:42 午後
  • 投稿者:


11月も佳境を迎えて、通常形態での店舗運営も1ヶ月を終えようとしてます。
う~んたくさんの糧を得た1ヶ月でしたなあ11月は。密度濃い濃い。凄く楽しめました。
最初の方が軽く思い出せない位です。自分のBlogでも見返そうかしら。

今の自分には数え上げれば目の前に仕事がいくらでもあって、
しかし雇われでないから時間もそれなりにあって、
どこから手を付けようかと考え続けるんだなこれからは、というのが最大の発見。
何の保証も無いですが、繊細でない自分にはやっぱり向いているかもしれません。
おいら気ままな山賊暮らしといった調子。そして我らは山賊会社。

ただ自分の生活に関わる仕事は現状店舗運営であって、
しかし一方の目標はゲームを作るという事であって、そこらへん如何致そうかと。
店もそんな簡単には行かない(というか店が上手くいくかすらまだ見えていない)し。

とりあえず決まっている事は、明日の休みこそは(ホントに)自分のゲーム作りに充てる、という事です。
月曜は帳簿に阻まれましたので。

しかし何か社会保険事務所と税務署から分厚い封筒がきてますよおほほほほ。
よしとりあえず明日一日置いておこう。


おおっと書き忘れた、今日もまた初来店の方がいらっしゃり、アルカディアの建設ご予約。
偶然このサイトを見つけていらしたそうです。
「あれだけ推しててハズレだったら次から信用しませんよ(笑)」とのお言葉いただきましたが、
アルカディアの建設が面白かったらご信用いただけるという事ならば、
これは結構分のいい話ではないでしょうかと愚考します。

「アルカディアの建設」は最高級品質。

印刷用ページ
  • 2006/11/27 11:38 午後
  • 投稿者:
昨日のタイトルで書いたが、TALUVAがあっという間に売り切れた。
予約も複数あったし、着荷数が注文より少なかった所を
見るとメビウスさんでも足りなかった模様。
とこぶし山根に「新参者が下手に褒めるから」とかからかわれる。
まあ元々人気だったんだと思いますが、
ちょっとは影響あったのだろうかなあ。


と言うわけで今日も新参者が褒めるのですが。「アルカディアの建設」を。
まあTALUVAも然る事ながら、敢えて自分が褒めるまでもないDornの話題作です。
ただ頒布会ゲームをいち早く遊べたので簡単に感想などを。

アルカディアの建設は、建築士になってアルカディアの都市を建設するゲームです。と言っても勝利条件はお金を稼ぐ事です。お金はダイレクトにもらえるわけではなく、建物を完成させる(配置された建物の周囲マスを全て労働者コマもしくは他の建物、外周のいずれかで埋める)事でもらえる赤黒金銀の紋章(それぞれ織物商等の家紋)を換金する事で得られます。完成した建物に隣接して自分の色の労働者コマを置いていた人はコマの数だけ建物に対応する色の紋章がもらえるわけです(自分の手番で完成を確定した人は余分に1枚もらえる)。そして紋章を相場を見ながら良い時に換金するんですが、換金はゲーム中4回しか行えません。

そしてミソになっているのが中央の砦スペース。

町の建物が完成するごとに、完成させたプレイヤーがトレスのコマを流用したような素敵なコマ(笑)を中央の砦スペースに一つ置いていきます。砦コマには前述の紋章が入っており(というか付属の両面テープで自分で貼るんですが)、写真のように砦を上から見た際の紋章の数がその時の相場となるわけです。写真は黒4、銀4、金2、赤は全部隠れているので0(!)です。例えばこのタイミングで銀を5枚換金すれば20のお金がもらえます。



さらに問題は、紋章の源泉となる自分の色の労働者コマが非常に数限られている事。
スペース埋めだけにつかえて得点にはならない中立労働者コマはちょくちょくもらえるんですが、
自分の色の労働者コマは「4回出来る換金の時に付随して2個ずつ」しかもらえません。
換金のタイミングじゃないけど労働者が必要は必要で…、という程良い悩ましさを味わえます。

プレイした感想は、ゲームの要素となる全てのピースが完全にフィットしているなあと。
ため息が出る程です。システム自体のパズル的な上手さも素晴らしいんですが、
ゲームが進むにつれ町が発展し、砦の建造が進んでいく様はもうお見事。

そして成る程、と感じたのはプレイ時間の短さ。本格派と感じさせる内容の割に
60分以内に余裕で終わります(極度の長考をしなければ)。
ここらへんはDays of Wonder意識なのかな、と思いましたが、
個人的にはメーカーとして正しい態度だと思います。
ゲームで最も大切なのは「発想」であって、プレイ時間の長さやコンポーネントの目方じゃないですから。

ところでこれなんでAleaじゃないんだろ?という「ラムと名誉」と逆の感想は、
まあそれこそ私が言わなくても皆さんおっしゃっていると思います。
上のような事を考えると、Alea味ながらもAleaのゲーム重すぎって思う人でも遊べる軽さが
Ravens本体から出ている由縁ではないでしょうか。

まあとにかく結論は、ゲーマーとファミリーを同時に振り向かせる凄いゲームです、という事で、
B2Fが近い多摩・立川近辺に在住の方々はご予約お待ちしております(勿論他の地域の方々も歓迎でございますが)。

TALUVA売り切れー

印刷用ページ
  • 2006/11/26 11:59 午後
  • 投稿者:
毎日のように日付ごまかしてますが、まあそれはもうご勘弁いただいてるってことにして。
今日はまずこたつさん来店で、二人まったりしたり、仕事したり。
B2Fのこういう空気、完全に馴染んできたなあ。
後々ご来店あり、吉田の店員としての過去の身の上話などを楽しんでもらいつつ夕刻。

人が次々と集まって来て、やっぱりゲーム会。
途中初めてご来店(外の看板見ていらっしゃったのかも)の方々が何人かいらしたものの、
混んでいたのであまりお話出来ず無念。
子供に本の読み聞かせをしていて、そういった子供と遊ぼうかと思っている方もいらした。
懲りずにまた来てくれるといいなあ。

写真は新着のメビウス頒布会ゲームの「メガスター」。



フリーゼ作の笑える快作。音楽業界の仕掛け人になって、
次のスターを作ったり引きずり落としたりするという、
口にしただけでもう展開が見える内容。
最終的に売れたスターのカード(色分けされている)をたくさん手札に残していたプレイヤーが勝つのだが、
自分が手札から消費した色のスターがランクアップするのが問題。
さらにプレイの仕方が変則的で、直接手札からプレイするのではないのがミソだ。
手番の手順は、

「前の手番に自分の前に伏せたカードをプレイする」→「手札を場から1枚、山札から1枚補充する」
→「手札から1枚裏向きにして自分の前に伏せる」

という形。つまり自分の手番で使うカードは前の手番の最後に伏せておいた物、
という「1周の(そして言うなれば1週の)ズレ」が生じる事になる。
自分の仕掛けがヒットチャートに現れるまでのタイムラグが小気味良く表現されている。
まあそれより何より、ラスト直前にヒットチャート1位のアーティストが
ほぼ間違いなく最下位近辺まで転げ落ちるのを見て皆でニヤニヤするのが面白いゲームです。

さらに今日遊んだ「アルカディアの建設」が素晴らしかったのですが、
これは明日のネタにしておきましょお。

明日は店は休みですが、大事な仕事が。
それは…未納の仕入代金振込みじゃー!