2017/12/18 01:53 午後

最後の最後に死亡遊戯。ぼろぼろで帰ってきたらサイトが正式オープンしていた

印刷用ページ
  • 2006/10/01 11:59 午後
  • 投稿者:
というわけで本日は最早過去となった地下サブを片付けてまいりました。
しかしながらそう簡単には問屋が卸してくれず、地獄モードに突入。
感慨に浸る間もない状態で、終電でやっとの事帰って参りました。

翌朝ついに会社を立てようというのに体中がバキバキに痛い、そんな塩梅です。
お前は一体何をやっているんだと言われるかも知れませんが、これが性分。
言ってみれば産みの苦しみでしょうか。
まあ店を閉めたり開けたりするのは甘くないんだぞという教訓をいただいた形に。

さて、タイトルはまあ嘘でメンバーはサイトの正式オープンについて私の指示を待っており、連絡をくれた。
そして僕が「特に不都合がなけりゃいいんじゃね?」と投槍に応じた結果、トップページをご覧の通りサイト正式オープンとなったのでした。

後は私が何とか東京法務局立川出張所に辿り着けば良い、とそう言う事で。
まずは…寝ます!

写真は解体された地下サブ。作為的におかれた吉田ユニフォームのエプロンが素敵。

店舗オープン予定のご案内

印刷用ページ
  • 2006/10/01 11:58 午後
  • 投稿者:

11月、ミニチュアゲームとボードゲームのセレクトショップ「B2FGames」が、東京都立川市にオープンします。

店舗の地図などの情報につきましては、「店舗オープン予定のご案内」のページからご覧いただけます。

オープンの具体的な日時など詳細につきましては、また追ってご報告させていただきます。

オープンの際は、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいますよう、心よりお待ち申し上げております。

地下サブ完結。山賊稼業開始。

印刷用ページ
  • 2006/09/30 11:59 午後
  • 投稿者:
今日も今日とて当然のごとく日付をいじり、現在10月1日午前2時。
ミッション完了し、Blogに当たれるというわけです。

9月30日は私が3年間務めた店、新宿地下サブの最終日でありました。
あの空間を好んで集まっていただいた皆様が、最後の時間を楽しみにいらして下さった。
閉店が決まってからの1ヶ月はなにか最後のお祭りの様で、特に楽しく素晴らしい時間でした。
ご来店いただいた皆様、有難うございました。
皆様に支えられて、3年間頑張ってしまいましたよ。
本日いらして下さった方々とは立川での再会を約束させていただき、解散となりました。

しかし私の最終日はまだ終わってはおらず。
とこぶし山根が閉店直前に来店。注文どおり大きめの車を回してくれた。
地下サブは改装・別商品を扱うフロアとなる為、引き取り手がおらず
粗大ゴミにしかならない什器等がたくさん残る。
そしてそれらの中にはB2Fにとって有用なものがたくさん有る。
…それはもらうでしょう!

勝手しったる自分の領域、目星もすでに重々付けてある。
あっと言う間にこんな感じ。↓



ただし特にもらいたい床置きのBox用棚が5つ中3つ載らなかった為、
吉田が乗るはずだった助手席に2つ搭載、当の吉田は1つを持って電車で帰宅。
山根は車を回して玉川上水吉田宅で合流となった。

22時半に作業終了し、まだ店に残って仕事をしていた店長としばし話す。
店長とは3年間に渡り苦楽を共にした。この人のおかげで自分はのびのび仕事出来た。
大恩有る人だ。最後も互いの前途を励ましあった。
駅で別れた後思わず感極まって落涙してしまい、西武新宿駅まで軽く泣きながら歩く事に。
ここで泣いている吉田の顔写真、と行きたい所だが不覚にも撮り忘れました。

玉川上水にて山根と合流し、室内に什器等を全て搬入。
頭の中でシミュレーションしていた通り順調に完了。



幸いにも吉田宅の納戸に大方収まった。
今までの自分の商売道具がたんまりと自室に収まっているのは妙な気分。

とまあ本日も盛りだくさんでお送りしました。
地下サブ最終日、と言っているけど実は私1人延長戦でございまして、
明日はまだ地下サブ仕事。棚卸+返品の為のリスト作りと全く予断を許さない状態なので有りました~。

前夜祭

印刷用ページ
  • 2006/09/29 11:59 午後
  • 投稿者:
今日はまず、仕事前に借りる予定の柴崎ドラゴン1号ビルへ。
現在の契約者の方と調度類の譲渡に関する交渉。
昼から仕事の身としては慣れない早起きが堪えたものの、調度類は希望のものを安く譲ってもらえる事に。
彼我の金銭感覚の差に愕然としたものの、こっちは生きるか死ぬかの瀬戸際なので
恥ずかしがっている場合でもなく、なりふり構わず泣き落としまくってしまった。
占めて59,800円。全く有り難いばかり。

そして残す所2日となった現在勤務している店、もう言ってしまいましょう「地下サブ」での仕事。
金曜という事もあり夜からたくさんのお客様にご来店いただき、軽く前夜祭状態に。
B2Fにこの勢いが持っていければなあ、と思わず西山と。いやもうホントにお願いします。

閉店後には先日公開調印式が行われたマックで軽く支援者の皆様としゃべる。
帰りはいつもの西武新宿線でなく、自転車が停めてある立川に帰る為に中央線へ。

同行した一億さん、立会人の金子さんと共に成り行きで再び柴崎ドラゴン1号ビル前へ。
もう通称「柴ドラ」でよかろう、等々の幾つかの決定がなされた1日。

ううむ、疲れて書いたらどこからどうみても日記に。
皆様、明日は最終日ですんでよろしければ新宿地下でお会いしましょう~!

残りは3日

印刷用ページ
  • 2006/09/28 11:34 午後
  • 投稿者:
現行仕事もかなりの部分で片付きつつあります。
まあ気付けば9月も28日が終わろうとしており、B2Fゲームズの設立が刻一刻と近づいている状況。

ホントかよ、と自分ながら思います。まあ先日295万円を資本金証明用口座に振り込み、
自分のメイン口座から金がごっそり無くなった時にも思いましたが。

そして迫り来る仕事の波。面白いほどに忙しいものでございまして、笑ってしまいます。
昔からやばい時程笑いがこみ上げて来る性分です。
と言っても、今は何か不思議と心は平静なんですが。

平静を保とうとしてる間に取り乱す機能が心から消失してしまったんでしょうかね。
ま、身一つしかないので自分は自分の出来る事を1つ1つやって、後は頼りがいある仲間に
頼ってしまいましょう。(笑)。
僕はこれからますますアホな事を言いだすかもしれないので関係各位ご注意下さ~い。

公開調印式

印刷用ページ
  • 2006/09/27 11:31 午後
  • 投稿者:
今日は昨日作った会社設立書類の仕上げ。
仕事の後職場近くのマックで西山と各書類を確認。
昨日の内に吉田は実印及び会社印を捺印済みにしておいたので、今日は西山が捺印。
作成したのは、

・定款2通(法務局提出用1通、保管用1通)
・資本金払込証明書表紙(中身は明日西山の資本金入金以降)
・資本金の額の計上に関する証明書
・代表社員及び資本金決定書
・就任承諾書(これが滑稽。自分で作る会社の代表社員就任を自分で承諾)
・設立登記申請書(1時誤字発見。「登記の事由」が「登記の自由」に。用いたテンプレがミスってる!)
・OCR用紙
・印鑑届書(会社代表者印)

スムーズに処理は進み、これで設立書類は9割方完成。



定款に捺印する西山。

休息おしまい。

印刷用ページ
  • 2006/09/26 11:49 午後
  • 投稿者:


今日は自分でも記憶に無いほど久し振りの12時間睡眠を達成。
ようやく起き出し会社設立書類の作成に取り掛かりました。
なにやら緊張する作業で、定款書きながら手が汗ばんでしまいましたよ。

物件はどうやらドラゴンに決まりそうな気配です。身内も納得してくれましたー。

定款の文面はその内に打ち合わせその他記録にUPするので興味のある人はご一読下さいな。

最初の休息

印刷用ページ
  • 2006/09/25 11:14 午後
  • 投稿者:
今日は現在仕事の最後の新製品発売日。おかげさまで1日忙しく。
あと私のお願いを聞いてくださった皆様、ありがとうございました。
皆様の暖かさに落涙しかけながらも、もっと暖かくしていただいてもかまいませんという心境です。
こんな図々しい子に育てられた覚えはないんだがなあ。

明日は会社員として最後の休みなので、実家に帰ってきてます。
実家と言っても隣町なので楽なものなんですが。

明日はくつろぎながら会社設立書類を仕上げようかなと思っております。
最後の休息、と言ってしまうと何というか本当にそうなりそうなので、題のような感じで。
自分の金でやる以上、事あるごとに思わず入れ込んでしまいますんで、
意識的に休む事を注意していこう、と自分に優しい目標を立てました。

とりあえず30まで頑張る。

印刷用ページ
  • 2006/09/24 11:22 午後
  • 投稿者:
 唐突ですが私今年で27になりました。
 何も含意するモノではありませんが誕生日は6月19日です。
 619。

 さる方から、「B2Fゲームズはどうなったら勝ちなのか、
 どこまで勝負するのかが不明ですね」というご指摘あり。

 もっともです。乱暴に確認。

 ・日本にボードゲームメーカーを建てたい、自社製品売りたい。
 ・実店舗という形での拠点を作り、空間を作りたい。
 ・借金はしない(返すあてないので出来ない)。


 ここまでは既出。プラスしておきましょう。

 ・吉田が30になった時に継続か撤退を検討する。


すなわち2009年6月19日が来た時に、状況を見て継続するか撤退した方が良いのか考えようと。
3年間やれば大体どうなのかわかると思うので。
当然ながらそれ以前に墜落の可能性は十分有るのですが、
区切りとして3年を先に設定しようかなと言う事で。30ならまだいくらでも人生やり直せそうだし。

現在の店で働いてちょうど3年経ちました。長いようで短い、とか言いますが、
振り返ってもやっぱり3年は長い。十分な時間でしょう。

ところで現在入居物件についてB2F内部では意見割れている。
とこぶしゲーム会議の沢田・山根はドラゴンが無難ではとし、吉田もそれに傾いているものの、
西山は初期費用もさることながら維持費2万5千円差は決して小さくない、コーホが良いと言っている。
これは一理も二理もある意見で、悩みどころ。
どちらか一方しか選べないわけで、始めてみてもどちらの方がより良い選択肢だったのかはわからない。
どっちもハズレという可能性も厳然とある。勿論どっちもアタリかも、と思うのも大事ですが。
B2Fは全会一致を旨とする会社なので、時間は少ないが妥協無く納得行く結論出しましょう。

写真は4年半の会社員時代のほとんどを過ごした新宿。見慣れた風景も今は感慨深い。

物件をめぐって右往左往

印刷用ページ
  • 2006/09/23 11:52 午後
  • 投稿者:


さて、このBlogも会社設立が近づくに連れ、本来の役割である内情公開が進んできました。
昨日申した通り立川での実店舗出店を目論んでおるわけですが、その上での問題はやはりハコ。
借りるべき物件です。現状問題となるのは以下のような項目。

・家賃その他維持コスト(10万円以内じゃないと即死のリスク有り)
・広さ(この際狭くても良い。贅沢は全く言わない)
・駅からの近さ(集客に直接的に関連。近ければ近い程良い、が…)
・近隣との騒音等の問題(ゲームを遊ぶ事を考えると難しい)
・来客者に与える印象(築年数等構え。企業であるからには無視できない)

現実は厳しいのでそんな都合の良い物件が有る訳等無い。無いのですが。粘らざるを得ません。
内部の人間同士がああだこうだと話し合った結果、そしてネットで検索した結果以下の二つの物件が浮上。

http://www.athome.co.jp/kantan/chintai/office/05/31/3105780801.html
「柴崎ドラゴンビル1号3F」
家賃等総額100,926円(家賃76,020円共益費22,806円看板代月額2,100円)
敷金礼金等初期費用790,608円(敷金6ヶ月礼金1ヶ月仲介料1ヶ月初期家賃)
JR立川駅徒歩6分(駅至近、利便性◎)

本日内覧してきました。ピカピカの新築で手を入れる必要ほぼ皆無。日当たり良好。
現在の使用者から優良物件との保証付き。プラス調度品の無料ないし格安での譲渡を約束してきました。
欠点はやはり…、狭い事。しかし正直私気に入りました。夢見れる、ここ。

http://www.athome.co.jp/kantan/chintai/office/77/31/3177290901.html
「コーポ立川」
家賃総額73,500円(共益費その他費用無し)
敷金礼金等初期費用441,000円(敷金4ヶ月仲介料1ヶ月初期家賃)
JR立川駅徒歩10分(強。決して遠くはないが…)

不動産屋が偶然にも現在の勤務地の側だったので昨日仕事の休憩時間に行った。
担当の若手社員が「入りやすい物件だと思いますよ」と含みながらニッコリ。
「ですよねー」とこちらもニッコリ。アレだ。

立川駅からドラゴンまでの道をそのまま後5分ほど行くと有る。
内覧はまだだが、目の前までは行った。なんと路面店。しかし築30年。隣は公文式とコンビニ。
契約競合者まず無し。
5年経ったら取り壊される予定らしく、定期借家契約付き、つまり5年後強制退去。
その分値段は破格。ワンルームのような家賃もさる事ながら、ドラゴンとの初期費用差は35万。
ボードゲームがひと在庫(100個位か)立派に揃う金額。
前時代的な付かないネオンサインが建物上部に付いており、
ベタな事に「。」がとれて「コーホ立川」になっている。これがホントの候補立川、
と仲間内でこのオヤジギャグを無理押しし過ぎて不興を買っている。

そして一番の問題。周りがアレ。

アレってなんだ、と言う方は吉田に直接聞いて下さい。流石に書けません。
ドラゴンまでなら視界の端にアレ位で済むんですが、コーホはもう全体的にアレ。
そう言えば現在の私の店の常連の方が「朝窓を開けると視界がアレなんですよー」と嘆いておられた。

私の心は揺れております。
良ければ皆さん、ご意見どうぞ!私は日によってコロコロ両者に傾いて大変です。

写真は今日来た会社印。流石にテンション↑。
代表印の印影はむやみに人にみせるのはまずいらしいんで、比較的大丈夫そうな角印です。